自分にぴったりのキッチンを選ぶなら、実際にショールームを訪問して見学したいものです。ショールームの空間を目にすることでイメージが湧くだけでなく、スタッフさんに専門的な話を聞くことで、キッチンのこだわりを知ることができます。

今回はタカラスタンダード(以下、タカラ)のショールームをご紹介。「長く使い続けられる」ことをポイントにした同社のキッチン。ショールームでは10年、20年後のキッチンの様子がイメージできるよう工夫されていました。
![目次]()

特徴は収納力と衛生面に優れる、ホーローのキッチン

タカラのショールームは全国約170箇所にあり、その数は他メーカーに比べてもかなり多いんです。それぞれの地域で年齢層や住んでいる人の好みに合わせた配色や並べ方を考えながら、地域ならではの、風土や気候、生活習慣に合った製品をご提案しているのが特徴です。

今回は訪れたのは、2021年4月にリニューアルオープンしたばかりの「東京大田ショールーム」。1階はキッチンやお風呂などの展示をメインにし、2階では「ホーローのある暮らし」をテーマに空間作りがされています。東京大田ショールームでは、マンションのリノベーションをする方をターゲットにしつつ、意外と戸建ても多い同ショールームの近隣事情を考慮し、インテリアと調和するシックなキッチンが並んでいました。

ショールームには、マグネット商品が充実しているインテリア雑貨メーカー山崎実業『tower』シリーズとコラボしたスペースも。タカラが武器にする素材の「ホーロー」はマグネットとの相性が良く、キッチンの壁にマグネットのついた収納ラックを貼り付けることも可能なんです。今回、ホーローとマグネットの掛け算により、「浮かせる収納」を実現するキッチンを見ることができました。
![](attachments/595)
ご案内してくれたのは、東京支社次長の萱原さん、ショールームフロアリーダーの新井さんです。

「当社はおかげさまで創業から100年経ちました。私たちは創業以来から世界で最高の『高品位ホーロー』を製造しています。

世界初の『ホーローキッチン』が誕生したのは1962年。ホーローは耐久性が高く、お手入れが簡単にできるため、ホーローで作られたキッチンは10年経ってもきれいに保てるんです。『ホーロー』という独自技術の魅力を直接お客様に伝えるために、全国的にショールーム展開を始めました」(萱原さん)

ここからはタカラの主力キッチンをグレードに分けて3つ紹介していただきました。

高級感のある美しさと長持ちが特徴。タカラの人気商品「トレーシア」

最初にご紹介いただいたのは、タカラの主力商品であるキッチン「トレーシア」です。「トレーシア」の特徴は、ホーローの素材による耐久性と高級感のある美しい仕上がりで、本体価格46万円から購入可能。こちらのキッチンは、全国170箇所どこのショールームでも見ることができます。

「タカラのショールームでは、値引きを前提にしていない提案をしています。『質の高い商品』を『適正な価格』でご提供していますので、安心して購入して頂けると思います」(萱原さん)

カラーバリエーションが豊富で、特にブルーグリーンは昨年から人気のある一押し商品。都心ではモダンテイストやコンクリートテイストが人気だそう。

「リノベーションルームのブルーグリーンのキッチンは、30~40代の若年層向けリノベを提案したもの。タカラの商品だけにこだわることなく様々な提案ができるよう、リフォーム業者様目線で空間作りをしています」(萱原さん)
![](attachments/596)
キッチンには腰壁が付いており、カウンター側からキッチンを見ると、シンクもすっぽり隠れて手元は見えないようになっています。扉を開くと収納スペースになっており、本やお皿、コップなどを置くことができます。

また腰壁は全面的に収納スペースになっており、調味料を置いたり、洗ったお皿を乾かしたりなど、個人の用途に合わせてカスタマイズが可能です。
![](attachments/597)
「『トレーシア』の魅力は実用的だけど美しいところ。ホーロー「マルチ収納」は日常使いのマグカップを掛けたり、洗ったトレイを伏せたりなど、マグネットを使った収納ができて、水にも強いのでとても便利です」(新井さん)

5段の収納スペースを持つ、タカラの最高グレード「レミュー」

続いて紹介いただいたタカラの最高級グレード「レミュー」は、インクジェット印刷技術を用いた扉カラーが選べる唯一のシリーズ。焼き物や大理石の風合いなど本物の質感を表現した扉がインテリアを彩ります。
![](attachments/598)
「レミュー」の魅力はなんといっても「5段収納スペース」です。食器棚がなくても、全てキッチンで完結できてしまうくらいの収納力があり、お鍋・調味料などさまざまなキッチン用品を持っている方に便利なキッチンです。

「5段収納スペースを持つメーカーさんは、タカラ以外ございません。無駄なスペースを最大限活用するため、たっぷりとした収納力のあるキッチンを作りました」(新井さん)

天板はクォーツストーンカウンターやアクリル人造大理石などから選べ、傷にも強く、衛生的です。

また、タカラのキッチンの中で「レミュー」のみ対応している「ホーローのインナーケース」も。引き出し上部の空きスペースにインナーケースを差し込むと、収納スペースを簡単に作成できます。仕切りのサイズは調整可能で、持っているキッチン用品に合わせて動かせるんです。
![](attachments/599)
「最近はお家にいる時間が増えて、お子さんがキッチンお手伝いして、ご主人が料理作ることが当たり前の時代。キッチン器具を片付ける場所が分かりやすいので、誰が使ってもごちゃごちゃしないキッチンを実現しています。

ホーローでできているので濡れたままの食器を入れていただいても大丈夫。使い勝手もいいですよ」(新井さん)

昭和レトロな雰囲気のある、低価格のキッチン「エーデル」

最後に紹介していただいた「エーデル」は、タカラの主力キッチン3つの中で一番お求め安い価格のもの。ですが、タカラのキッチンは低価格のものから高価格の最高級グレードのものまで変わらず、素材は全てホーローで作られています。こちらは本体価格30万円から用意されています。
![](attachments/600)
「エーデルは『トレーシア』と変わらず、3段引き出しの収納スペースを持っています。カラーバリエーションはタカラのキッチンの中では珍しいライトピンクやライトイエローなど全体的に明るめの色が多いんです。少し昭和レトロな雰囲気も感じられると思います」(新井さん)

グッドデザイン賞を受賞「家事楽シンク」と「レンジフード」

ここからはグッドデザイン賞を受賞したタカラのキッチン機器を2つご紹介していただきました。タカラは、2016年に「家事楽シンク」、2017年に「レンジフード」で賞をもらっているそうです。

調理がシンクで完結できる「家事楽シンク」

まず1つ目は「洗う・切る・捨てる」の一連の流れをすべて完結できる「家事楽シンク」。「家事楽シンク」は、家庭の不満に対して妥協せず、2年以上かけて作られた商品なんだとか。こちらは「レミュー」「トレーシア」に対応している商品です。
![](attachments/601)
タカラでは、「シンクは洗い物、カウンターは調理をする場」として分けるのではなく、シンクに両方の機能を持たせることに。そうすることで料理をする際、キッチンの動線もよくなり、作業効率もより上がるそうです。

「『家事楽シンク』はキッチンを購入されるお客様の中でも人気が高く、これのためにキッチンのグレードをあげる方も少なくありません。キッチンを購入する際、人気の商品です」(新井さん)

ホーロー製のお手入れ簡単なレンジフード

2つ目は近年、排煙設備としての機能・性能に加え、見た目の美しさやキッチン空間との調和も重要視されているレンジフード。

タカラのレンジフードは素材の魅力を活かし、全面ホーローで作られているんだそう。レンジフードの中で一番汚れる、整流板の部分も簡単にお手入れができ、使い勝手の良い商品になっています。
![](attachments/602)
「ホーローのもつ素材の特性を最大限に発揮できる設計にしています。そのまま食洗機で洗うことができるのでお掃除も簡単にできます」(新井さん)

収納に便利なオプションや食洗機にも注目!

吊り戸棚の下にも収納できる「アイラック」

他にもタカラならではの、ホーローの間仕切りや吊り戸棚の下に設けた収納スペース「アイラック」など、おすすめのオプション機能もご紹介いただきました。

ホーローの間仕切りは様々な形の間仕切りが用意されており、収納スペースに対して、持っている調理器具に合わせた高さ・大きさの間仕切りを選べるそう。マグネットになっているため、いつでも取り外しできるのもポイントです。

ご紹介いただいた「アイラック」はキッチンの収納で、下げたままにしておけるタイプ。水切りをしなければならないものやお薬・サプリを置くのに便利です。
![](attachments/603)

食器洗い乾燥機はシンク下の配置が人気!

収納以外で注目してほしいのが、食器洗い乾燥機の位置。タカラは湿気で収納するものが限定されてしまうシンクの下に、食器洗い乾燥機を配置しているんです。
![](attachments/604)
「シンクの下に食洗機を置くことによって、液だれの心配もなくなります。また収納におけるデッドスペースをなくすこともできて一石二鳥。こちらは購入される8割のお客様が選ぶほど、人気のある商品ですね」(萱原さん)

タカラのショールームでは、ホーローの魅力を体感しよう

タカラのショールームに来てくれる方の多くは、ホーローという素材をよく知らない人も多い。そのため来てくれたお客様には、まず「ホーローとはどのような素材なのか?」「どんな魅力があるのか?」を知ってもらえる動線にしているそうです。

今回のショールーム巡りではさまざまなキッチンを回りながら、いくつもの実演を通して、ホーローの素材としての強さを証明してくれました。たとえば油性マジックペンでキッチンの壁に文字を書き、水をかけるだけで文字が消えるという実演。下記はその時の実際の写真です。
![](attachments/605)
他にもホーローのキッチンの壁をライターで炙ってもビクともしない様子、ホーローの板にトンカチで強く叩いても大きな傷がつかない様子などを実演していただきました。

ホーローの良さは実際に見ないと分からない部分も多く、それも全国約170箇所にショールームを置いている理由でもあるそうです。

お客様に長く使い続けるキッチンを想像してもらうため、ピカピカのキッチンだけでなく、20年、30年後のキッチンを表現するタカラのショールーム。20年後のキッチンの変化や使っている様子なども分かるように展示が工夫されています。

<まとめ>

今回紹介したタカラのキッチンは、ホーローの素材が特徴で、お手入れしやすく、長く使い続けることができることが魅力。収納にも力を入れているので、さまざまなキッチングッズを持っている方には特に相性のいいキッチンなのではないでしょうか。

ショールームでは、見に来てくれた人のライフスタイルに合わせてキッチンをご提案してくれるそうです。是非一度お近くのショールームをのぞいてみてくださいね。

ショールーム情報

現在はショールームをWEBで体験する「VIRTUAL SHOWROOM(バーチャルショールーム)」も行なっています。オンラインショールームの詳細はこちら。
```
タカラスタンダード東京大田ショールーム
〒145-0064
東京都大田区上池台1-1-6
4月にリニューアルオープン
予約なしでもOK(予約優先)
電話番号:03-5702-1250
営業時間:10:00~17:00
休館日:水曜日(祝日を除く)・お盆・年末年始
https://www.takara-standard.co.jp/showroom_search/tokyo/tokyoota/

ウェブサイトのリンク
タカラスタンダード:https://www.takara-standard.co.jp/
キッチン:https://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/
```