調理中の換気扇、なんとなく「弱」運転で使っていませんか。とりあえず、と思って付けていると、肉や魚を焼いた煙が一気に上って、部屋中が煙たくなってしまった……。

適切な風量の設定がわからない、調理に合わせて変えるのが面倒、さらにはベトベトな油汚れが落ちにくく大変など、キッチンのレンジフードは意外に使い勝手が左右されるもの。

一般家庭用レンジフードの製造・販売で国内トップシェアを誇る「富士工業」グループ会社「フジテックメンテナンス」が、掃除のしやすさに加えて、調理の状況にあわせて換気風量を自動で調整する「風量おまかせ運転」を搭載した、新しいレンジフードの販売を開始しました。
![](attachments/586)
「風量おまかせ運転」は、レンジフード内の温度センサーが油煙を検知。3段階の風量レベルを自動でコントロールします。

例えば、肉を焼くなど油を含んだ煙が多く出る場合は「強運転」でしっかり吸い込み、煮込み料理のように油煙が少ない場合は「弱運転」に切り替わります。必要に応じて稼働するので、ずっと手動で「強運転」した場合に比べて、余計な電力を使わずに済みます。調理後の付けっぱなしも防げそうです。

掃除をする際は、整流板、ファン、オイルトレーの着脱がしやすい作りのため、取り外しの煩わしさも減りました。
![](attachments/587)
オイルトレーは、水だけで油が浮く素材を使用しているので、簡単にお手入れできます。

また、搭載されているLED照明は、明るさを5段階から調光可能。キッチンの環境に合わせた最適な明るさを選べるので、より調理に集中できるようになります。

風量の自動調節、お手入れのしやすさ、最適な明るさ調整。レンジフードを変えるだけでも、日々の料理はもっとスムーズになりそうですね。

製品名:XGR-REC-AP 604/754/904 SV/W
発売日:2021年8月2日(月)
価格:¥178,200(税抜価格¥162,000)~(メーカー希望小売価格)
カラー:シルバーメタリック、ホワイト
公式サイト:https://www.fujioh.com/airpro