夏のキッチンの課題でよくある悩みは、暑さと衛生面。料理中の熱気がこもってキッチンが暑くて不快に感じたり、食材やゴミの臭いが気になったり……。そんな夏の悩みの解決策をご紹介します。

夏のキッチンが抱える2大課題は暑さと衛生面

ぐんぐん気温が上がる夏は、何もしていなくても暑いですよね。その中でも、キッチンは火を使うので熱気がこもりやすい場所です。エアコンで室内の温度を下げても、コンロ周りの体感温度は相当なもの。汗だくで調理することも多いのではないでしょうか。

また、温度が上がったキッチンでは雑菌の活動が活発になるため注意が必要です。食中毒を防ぐためにも、食べ物を扱う場所は常に清潔にしておきたいところ。湿度の高い時期はカビも発生しやすいので、カビの生えにくい環境を目指しましょう。

キッチンの暑さを軽減して、調理時間を楽しく

![](attachments/524)

今のキッチンに一工夫して涼しく快適にする方法

間取りによってはクーラーをつけてもキッチンだけは暑い、ということも。大掛かりなリフォームやリノベーションは難しくても、小さな工夫で快適になる5つのアイデアをご紹介します。

スポットクーラーでピンポイントに涼しく

スポットクーラーは冷風機とも呼ばれ、クーラー同様に直接空気を取り込んで、空気そのものを冷やす機器です。部屋は涼しいのにキッチンだけが暑いといった場合、スポットクーラーでピンポイントに冷やすのもおすすめ。

サーキュレーターで冷気を送る

サーキュレーターは、部屋の空気を循環させながら室内の温度を一定に保つ機器。扇風機との違いは、風の届き方です。扇風機は風が広がりながら進むのに対し、サーキュレーターは風がまっすぐ直進するので、エアコンの風が降りてくる場所に置くことで効率よく冷気を送れます。エアコンの冷たい風を効率よくキッチンに送り込めるよう、設置場所を工夫しましょう。

シーリングファンを設置して空気を循環

インテリアとしても人気の高いシーリングファンは、室内の空気の流れを作るのに適しています。天井に設置するシーリングファンは、夏は下向きにして送風することで気の流れを作り出し、下に溜まった冷たい空気をかき混ぜて部屋全体を涼しくしてくれます。

断熱カーテンを取り付けて外からの熱気を防ぐ

エアコンで部屋の温度を下げようとしても、窓から入ってくる熱気で室内はなかなか涼しくなりません。そんなときに役立つのが断熱カーテン。熱を伝わりにくくする効果を持ったカーテンで、熱が部屋を出入りするのを防いでくれます。

同じような効果があるものに遮熱カーテンがあります。遮熱カーテンは太陽光などを反射させるなどの方法で室温の上昇を抑えるので、日中も閉めたままにしておきやすいミラー効果のような反射する機能があるレースカーテンで取り入れるのがおすすめ。どちらも冷房の効きが良くなるので、節約にもつながりますね。

火を使わない料理をする

暑いキッチンで火を使うと余計に熱気がこもります。キッチンに立つ時間を短くできるよう調理家電を利用したり、耐熱食器を使用しオーブンやレンジで調理してできるだけ熱が発生しないように工夫しましょう。

たとえば、「Toffy コンパクトマルチ電気鍋」は、1台で【煮る・焼く・蒸す・炒める・揚げる・炊く】の6つの調理ができる多機能電気鍋。卓上調理ができるので、材料を準備して涼しいテーブルで快適に調理できます。

![ogp](https://mag.cookpad-kitchen.com/articles/50)

ほかにも、電子レンジやオーブンでも使える HARIOの耐熱ガラス製食器シリーズもおすすめ。通常のガラス製食器は電子レンジやオーブンを使うと割れてしまいますが、このシリーズは直接食材を食器に入れてレンジやオーブンで調理が可能。火を使わずに時短料理ができ、調理した食器のまま食卓にも出せて家事の手間も省けます。

![ogp](https://mag.cookpad-kitchen.com/articles/61)

リノベーションやリフォームでキッチンを涼しく快適にする方法

![](attachments/527)
ちょうどキッチンのリノベーションやリフォームを検討しているなら、設備や間取りを見直して夏も快適な環境を実現する方法もあります。せっかく費用をかけるなら、年中楽しくすごせる場所にしたいですよね。

ガスコンロからIHクッキングヒーターに交換する

ガスコンロは火を使って調理するため、どうしても熱気が発生します。対してIHクッキングヒーターは電気の力で熱を発生させます。IH調理器に高周波の電流を流すことで、鍋底の電気抵抗で熱が発生し、鍋の中身が温まるという仕組みのため、周囲の空気はほとんど影響を受けません。暑さが苦手な方は、IHクッキングヒーターの導入を検討してみましょう。

キッチンに熱がこもりづらい間取りに変更する

夏のキッチンを涼しくするためには、風の道筋をつくるのがポイント。窓の配置を工夫して、風の入口から出口の道筋にキッチンが配置されるようにしましょう。窓を新設する、あるいはキッチンの位置を変えるなどで、風通しがいい場所にするのがおすすめです。

また、エアコンが遠いと冷気が届きにくく、調理で発生した熱がこもりやすいキッチンになります。エアコンからの風がキッチンに届きやすい配置にしたり、さえぎるものを取り去るようにしましょう。エアコン自体が古くなってくると、冷房の効き自体がよくなくなるので、リノベーションやリフォームの機会に交換するという方法もあります。

キッチンを清潔にして、雑菌の繁殖や臭いを防ぐ

![](attachments/525)

今のあるキッチンに一工夫してを清潔に保つ方法

暑い夏は、油汚れが熱によって柔らかくなるため、実は掃除がしやすい時期。臭いや虫の発生が気になる前に掃除して、キッチンを清潔に保つようにしましょう。また温度が上がると雑菌の繁殖も活発になるので、食中毒を防ぐためにもキッチンは綺麗に保ちたいですね。

三角コーナーを置かない

臭いのもとになりやすい三角コーナーは置かないのがベスト。どうしても必要な場合は、使い捨てのものや、プラスチックよりもステンレスのものを活用するのがおすすめです。生ゴミは1日の最後に捨てるようにしましょう。

料理道具や食器は、しっかり乾かしてからしまう

水分が残っているとカビの原因となり、臭いの元になります。寝ている間は戸を開けておき、換気をするのもいいでしょう。しまっている間に食器が乾く、オープンな食器棚を導入するのもおすすめです。

食器を洗うスポンジは定期的に交換

いつ換えたか分からなくなりがちなスポンジ。スポンジに雑菌が付着していると、衛生的に良くないので、定期的に交換しましょう。使用したら水気を切って清潔に保つよう気をつけたいところです。なるべくシンクに接触しないように水切れのいい収納を心がけたいですね。

見逃しがちな蛇口も清潔に

蛇口は洗い物の水が跳ねたり、調理中の手で触ったりと汚れがつきやすい場所です。使用後にアルコールを含ませた布で拭き取っておくと安心です。

1日の終わりにシンクを掃除

シンクは、1日の最後に掃除しておくのが理想。中性洗剤でざっと洗い、ふきんで水分を拭き取っておくとカビの予防になりますし、きれいなキッチンを維持できます。ピカピカのキッチンで調理するのは気持ちいいですよね。

リノベーションやリフォームでキッチンを清潔に保つ方法

![](attachments/526)
システムキッチンを新しく導入するなら、カビの生えにくい素材を選ぶのがおすすめ。カビは木材などの植物やホコリ汚れ、ぬめり、手垢、食べカスなどを栄養源としており、湿気を好むので、そういった環境になりにくい素材を選びましょう。ワークトップだけでなく、引き出しの中など収納部分の素材にも注目してみましょう。

金属の中ではカビが生えにくいステンレス

ステンレスは、鉄を主原料にニッケルやクロムなどを合わせた合金です。清潔にしていればカビの生えにくい素材で、お手入れも簡単。

メーカーによっては、内部までステンレス製のキッチンもあり、耐久性があり錆びにくい特徴を持っています。カビにくいキッチンを希望する人におすすめです。

リーズナブルで掃除もしやすい人工大理石

天然大理石のような高級感や輝きを持ちつつも、リーズナブルです。水を弾き易い性質のため、掃除もしやすく近年では人気の素材です。

傷つきにくく、汚れもつきにくいのでワークトップによく使われています。カラーバリエーションが豊富なので、自分好みのキッチンを作りたい人に向いています。

サビにくく傷つきにくいホーロー

ホーローは鉄やアルミニウムなどの金属に、シリカを原料とした特殊ガラスを加工して作られたもの。釉薬を塗布しているので、サビにくく傷つきにくいという特徴があります。マグネットが付けられるので、浮かせる収納ができて掃除も簡単です。

ワークトップではなく、主に引き出しの面材やキッチンパネルで使われています。容量たっぷりで清潔に保ちたい人におすすめなのが、キャビネットまでホーロー製のものが選べるキッチン。収納している食品がこぼれても沁みこまず、掃除も簡単です。

キッチンの暑さ対策をするポイントは、風の道筋を作ってキッチンの熱気をこもらせないようにすることと、熱を発生させない調理の工夫です。衛生面では、こまめな掃除でキッチンを清潔に保つことのほか、キッチンの素材にも注目してみましょう。

クックパッドでは、料理のきっかけキャンペーン第2弾「夏に食べたい絶品ごはん」を開催中です。おいしくてたのしい特集をたくさん用意しました、ぜひ覗いてみてください!
![](attachments/528)