![目次]()

リノベーションで実現したい夢は膨らんでいくばかりですね。自分の好きな素材、間取り、雰囲気……とはいえ気になるのはその費用。あれもこれもとするうちに、気づけば予算オーバーなんてことも珍しくありません。

今回お伝えしたいのは、リノベーションの費用を抑えるためのちょっとしたコツ。上手にコストカットしながら、理想の住まいに近づけましょう。

知っておきたい、コストカットのためのポイント

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/71/3000x1500s/27eb9144e3666e84ab00c418fa483f6a.jpg)
「予算内で理想を全部叶えるのって難しいのかな…。」
見積もりを見て、諦める場所を考えるのはリノベーションで一番つらい時間。

実は、リノベーションには少し工夫をするだけで費用を抑えられる方法があるんです。具体的な設計段階でのポイントは大きく6つ。ここならいいかも、という部分に取り入れてみてくださいね。

大事なのは譲れないところと、妥協できるところをはっきりさせること。すると余計な部分をみつけて削っていくことができるんです。

1.元の素材や間取りを活かす

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/72/3000x1500s/a53b6413ff8b5f520dbb27d472775024.jpg)
壁の撤去や水回り変更。大胆な間取りはリノベーションの醍醐味ですが、その分コストがかさむことも事実。
家の間取りを変えないリノベーションは、大がかりな工事を避けることができるので大幅なコストカットが望めます。

また、床張り替え・天井の工事も実は高額になる施工のひとつ。元の床材や天井が理想に合えば変えないでおくのも有効な手段ですよ。

2.扉を付けないで、半個室に

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/73/3000x1500s/584622ac1db1be3c86ff43c99a6d9a4b.jpg)
扉を設置しない半個室にすることでコストダウンが期待できます。寝室や客間は扉がないと気になってしまいますが、中にはウォークインクローゼットなど取り入れやすい場所も。扉の代わりにカーテンで代用することもできますよ。

3.ユニットバスを活用してみる

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/74/3000x1500s/375fddb2305d657fd78c6ef936937d5c.jpg)
自分で設計するお風呂はコストアップしがちなことも…。そんなときにはユニットバスの検討を。ユニットバスは床・壁・浴槽があらかじめセットになった規格品のお風呂の事。実は手入れがしやすく、高い機能性があるといったメリットもあります。

4.素材のグレードを下げる

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/75/3000x1500s/39a4e7c6a4d7563f570a67cf2a01fda5.jpg)
自分で設計する場所はもちろんのこと、規格品にも様々なオプションが。例えば、システムキッチンの面材や食洗機の有無などは自分たちで選ぶことができるものがあるんです。ここだけは!という部分は残しつつ、必要無い場所は思い切ってなくしてしまいましょう。

5.施主支給で材料費を抑える

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/76/3000x1500s/a6d6696e3c61e55b9f02f37f0dc50048.jpg)
リノベにかかる費用は、大きく分けてこちらの3つ。
 1.材料費(キッチンや、パーツの値段)
 2.工事費用(職人さんの費用)
 3.解体費(元の家の解体)

この費用のひとつ、材料費を抑えるための手だてとして施主支給をご存じでしょうか。施主支給とは、リノベーションで使うパーツや建材を自分で調達するということ。材料によっては業者に発注してもらうより、安く手に入ることがあるんです。

一方で、製品の仕様や規格を見極めて選ぶ必要があり、配送スケジュールの調整や検品もすべて自分で行う必要があります。特に水回り設備などの大きなもの、職人に工事を依頼する必要があるものは注意。事前に依頼先に確認してみてくださいね。

6.DIYでつくってみる

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/77/3000x1500s/a6db6b8b089ee013a35d9fc0f988767a.jpg)
自分たちで作れる箇所をDIYしてみるのも効果的。壁のクロス替えやタイルを貼る作業は、経験が無くても取り入れやすいです。DIYをすることで工事費用と解体費の節約になるだけでなく、住まいによりいっそう愛着を感じられそうです。

リノベーションに対する補助金や税金の優遇制度を上手に使おう

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/78/3000x1500s/9cc427a20047749b59e462c5a547b24f.jpg)
国の制度や自治体の助成金を活用する、というのも負担を減らすために有効な方法のひとつ。上手に使うことができれば、諦める箇所を減らすことができますよ。

1.国や自治体の補助金

リノベーションのしかたによっては、既存住宅の長寿命化や性能向上を見込める点から、国の「長期優良住宅化リフォーム推進事業」で補助金がもらうことができます。耐震性向上や劣化対策、省エネルギー性等が見込めるリノベーションを行うことが必須の条件です。

この制度が利用できると補助率は以下の補助対象費用の1/3で、一戸あたり約100~250万円が支給されます。さらに以下の内ひとつでも条件が合えば、50万円を上限に上乗せされます。

・三世代同居対応改修工事を実施する場合
・若者・子育て世帯が改修工事を実施する場合
・既存住宅を購入し改修工事を実施する場合

この制度には申し込みの期間やいくつかの条件があるので、公式サイトを常に見ておくよう心がけておきましょう。

建築研究所 長期優良住宅化リフォーム推進事業 公式サイト
https://www.kenken.go.jp/chouki_r/

国土交通省 長期優良住宅化リフォーム推進事業について
https://www.mlit.go.jp/report/press/house04hh000937.html

また、国だけではなく自治体からも様々補助金を受け取れる場合も。バリアフリー化や同居対応、環境対策など支援分類が様々なので、該当する補助金がないか探してみると良いかもしれません。

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト(令和2年度版)
http://www.j-reform.com/reform-support/

2.減税の制度

耐震や介護に関わる工事、また省エネルギー化に対応した工事を施すことで、所得税が控除される減税制度もあります。耐震、省エネなどのリノベーションを行う場合、最大25万円が控除の対象に。また、バリアフリー化を施す場合なども、最大20万円が控除されます。

いくつかの条件や確定申告での申請といった手順があるため、適宜国税庁のホームページでご確認を。

マイホームの取得や増改築などしたとき|国税庁
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/shoto303.htm

コストカットで大切なのは、すべてをリノベーションしたい気持ちを少しだけ抑えて、優先度を付けていくこと。予算やかける手間にメリハリをつけてリノベーションをしてみましょう。
この記事を読んで、「これならできそう」という方法があればぜひ取り入れてみてくださいね。