キッチンは家族の食生活を管理するだけでなく、調理を楽しむ場所でもあります。キッチンリノベーションを考えるとき、予算を300~400万円用意できるならよりこだわりのキッチンに近づけられるでしょう。ここでは予算内でできることやオプションで検討したい項目についてご紹介します。

300~400万円の予算でできること

300~400万円の予算があれば、システムキッチンを選んだ場合各メーカーの上位のグレードを選べます。モデルルームのような憧れのキッチンも夢ではありません。また、費用が高くなりがちなオーダーメイドのキッチンやモルタル造作キッチンも選択可能。個性的なこだわりのキッチンを実現できるでしょう。

ただし、導入するキッチンの素材や材料、壁紙・床材も張り替える必要があるかどうか、キッチンの位置変更の有無などによって、費用は上下します。また、掲載の金額は一つの目安(独自調べ)であり、実際にキッチンの工事をする業者さんに細かく見ていただき、確認することをお勧めします。

システムキッチン

システムキッチンを選ぶなら、メーカーの上位グレードを選択できます。上位グレードは、天板や扉板の素材や収納タイプの選択肢が多いなどのオプションが魅力。価格はオプションや組み合わせによって変わりますが、およそ70~300万円です。

各メーカーのラインナップを詳しく知りたい場合はこちら

造作キッチン

部材ごとの素材選びや、収納の位置・寸法なども自由に決めて設計できる「オーダーメイドキッチン」や「造作キッチン」。自由に設計できることから費用も高くなりますが、この価格帯なら人気の高いモルタル造作キッチンも実現可能です。

300〜400万円のキッチンリノベーションで検討したい項目

![](attachments/396)
「『ミーレ』の食洗器が気になる」、「海外のドラマにでてくるようなビルトインのオーブンレンジを使ってみたいな」といったこだわりも、300~400万円の予算なら十分実現が考えられます。キッチンのオプション部分を高価な機器にしたり、床や壁などをこだわりの素材にすることも検討できるでしょう。

海外の食洗機を導入

洗練されたデザインの海外製食洗機に憧れている方も多いのでは?人気の「ミーレ」や「ガゲナウ」の食洗機も導入を検討できます。ただし、海外製の食洗機は対応できるシステムキッチンメーカーが限られる場合がありますので、注意が必要です。

海外製の大容量ビルトイン食洗機の相場は、工事費込みで約30~60万円です。

ハイグレードなガスコンロ

吹きこぼれや、料理の油はねなどが気になるガスコンロは、お手入れがしやすく汚れがつきにくいものを選びたいところ。ハイグレードタイプは、バーナーリングの部分に液体が入り込みにくい作りになっており、お手入れのしやすさが特徴。丈夫で汚れにくいガラストップ製で、ゴトク部分もステンレス製のものが選べます。

また、パネル部分が液晶タイプになっておりオート調理が可能なものも。使い勝手や調理機能、デザインすべてに満足を求める場合はハイグレードタイプを検討してもいいですね。

ハイグレードなガスコンロの価格は、工事費込みで20~40万円です。

高級水栓

ペニンシュラ型やアイランド型のような見せるタイプのキッチンにするなら、水栓はとくに目をひくパーツです。デザインにこだわりたい方には海外メーカーの「グローエ」や「マチルダ」が魅力的に感じるのではないでしょうか。海外メーカーの水栓の価格は、デザインや機能によってかなり幅がありますが、およそ5~20万円なので検討できる範囲ですね。

また、使い勝手の良い高機能の水栓を選ぶことも可能です。国内メーカーの高機能水栓である、TOTOタッチスイッチ水栓は本体価格約10万円、SANEIの音声認識ユニット付シングル混合栓は、本体価格約25万円です。

ビルトインオーブンレンジ

海外のようなスタイリッシュなキッチンも演出できる、ビルトインオーブンレンジも検討したいところ。キッチンに組み込まれたビルトインオーブンレンジは、フラットでスマートな印象を与えてくれます。また、料理に合わせて選べるマニュアルモードや自動調理ができるアシスト調理メニューなどの機能を搭載したタイプもあり、機能面が充実しているのが魅力です。
海外製と日本製があり、海外製で代表的なメーカーは、「ミーレ」「ガゲナウ」「ベルタゾーニ」など。どれもシンプルで洗練されたデザインが特徴的で、200Vの電気タイプが一般的です。

日本製には、ガスタイプと電気タイプがあり好みに応じて選べるのが最大のメリット。しかしながら、コンロと同じメーカーのものしか組み込めないものもあるといったデメリットがあります。代表的なメーカーは「リンナイ」「パナソニック」など。

ビルトインオーブンレンジの本体価格は、およそ20~70万円です。

床や壁をこだわりの素材に

ひと味違った個性的なキッチンにしたいなら、無機質な雰囲気が人気の高いモルタルや、壁にタイルを使用するなど素材にこだわってみてはどうでしょう。

キッチンタイルを詳しく知りたい方はこちらの記事へ。

キッチンの面材をこだわりの素材に

キッチンの面材をこだわりの素材にすることで、より自分らしさを出したキッチンになるでしょう。たとえば、キッチンメーカーの「ウッドワン」が扱っているような無垢材の面材。一本の木だけが持つ年輪の形もそのまま活かされているのが無垢材の魅力で、ナチュラルかつ高級感もあるキッチンに仕上がるでしょう。

キッチンリノベーションの費用について

![](attachments/397)

キッチン本体とその他の費用内訳や目安

システムキッチンの見積もりは、システムキッチンの本体価格と、工事費用に分かれています。また、キッチンの本体価格だけではなく取り付けや内装など、さまざまな工事の施工費用も発生します。

具体的なキッチン本体とその他の費用内訳や目安についてはこちら の記事を参考にしてくださいね。

予算が200万円を超えるとキッチンの壁を取り払ったり、場所を大きく変えてアイランドキッチンやペニンシュラキッチンなどの対面型キッチンにすることも可能です。また、キッチンを1階から2階に移動したい場合は250万円以上の費用が見込まれるので、300~400万円の予算があれば実現できる可能性は高いため、検討の余地はあります。
最終的にかかるコストは工事業者やリノベーション会社によって変わってくるので必ず事前に確認しましょう。

キッチン移動の工事費用相場
・キッチンの交換費用:約50万円~
・交換+内装リフォーム:約100万円~
・移動+内装リフォーム:約150万円~
・置型から対面型に変えて移動:約150~200万円
・置型からアイランド型に変えて移動:約200~300万円
・1階から2階への移動:約250万円~(位置によって大きく変動)

まとめ

300~400万円の予算があるなら、思い切ったキッチンリノベーションが可能です。自分のこだわりたい方向性をしっかり決めて、思い描くキッチンを実現しましょう。

あわせて読みたい

リノベーションで使える補助金・減税制度まとめ。サポートが厚くなり、予算が増えるヒント

キッチンのショールーム巡りのポイントは? 理想のリノベーションを叶えるチェックポイントまとめ

ハウスメーカーとインテリアメーカーのキッチン収納オプションまとめ