2021年2月25日に、調理家電の企画・プロダクトデザインなどを行うウィナーズ株式会社が展開するブランド「レコルト(récolte)」からフードストッカーが発売されました。

レコルトは“今どきの暮らしにちょうどいい”を大切に、キッチン家電を提案しているブランドです。日本の住宅のキッチンに合わせたコンパクトなサイズ感、インテリアに馴染むようなカラー展開、シンプルな機能と価格で製品を販売しています。

同ブランドから新しく発売されたフードストッカーは、電源を入れると自動で空気を抜いて、大気圧よりも気圧が低い状態をつくり、内部の食材を常温保存します。同製品内に食品を入れると湿気や害虫から守り、酸化を防いでくれます。

容器の開閉回数や保存するものにもよりますが、一度の充電で最大約3週間の使用が可能。容量は約7リットルなので、最大5kg分の米も保存できますし、小麦粉などの粉ものやお菓子、茶葉、パンなどをまとめて密閉保存できます。犬や猫を飼っている場合は、ドライペットフードの保存にも役立ちそうです。
![](attachments/392)![](attachments/393)
お米や小麦粉、お菓子などは一度に消費しきれないからこそ、保存に困りやすいもの。レコルトのフードストッカーを使えば、すっきりとおしゃれに収納できて、食材の状態だけでなく、キッチンも綺麗に保てそう。
![](attachments/395)

【製品概要】
製品名:フードストッカー
価格:税込7,480円
発売日:2021年2月25日
カラー:グレー
製品寸法: 約W24.5×D24.5 × H24.0cm(容器とフタセット時)
製品重量: 約1.2kg
容量: 約7リットル
電源: 充電式(リチウム電池内蔵、バッテリー容量2,000mAh)
充電時間:約4〜6時間
真空状態期間:最大約3週間
セット内容: 容器、フタ、USBケーブル、取扱説明書
製品ページ
![ogp](https://recolte-jp.com/products/food-stocker/)