デザインにもこだわりたい、炊飯器選びの4つのポイント

炊飯器といっても、炊飯方式や容量、機能などさまざまな違いがあります。たくさんの種類があるので、どんな基準で選べばいいか迷いますよね。ここでは4つのポイントに絞って説明します。

1.容量

さまざまな容量やサイズがある炊飯器。家族構成や食べる量を考えて選びましょう。規定の炊飯量より少なめが最もおいしく炊けるため、サイズを選ぶときは、実際に食べる量よりも大きめのモデルを選ぶのがポイント。一人暮らしなら3合程度、2~3人家族なら3合~5.5合、4人以上は5.5合~1升炊きがおすすめです。

2.炊飯方式

ごはんのおいしさに関わってくるのが、炊飯方式。IH方式、圧力IH方式、マイコン方式、ガス方式の4種類の特徴を見ていきましょう。

・IH方式

IH方式は、IHコイルによる電磁力の働きで内釜自体を発熱させてご飯を炊き上げます。釜全体が発熱するため、熱ムラのないふっくらしたご飯が炊き上がるのが特徴です。

IH方式はコストパフォーマンスに優れたモデルが多く、手軽においしくご飯を食べたい方におすすめ。

・圧力IH方式

圧力IHは、IH方式の電磁力に圧力のパワーをプラスした方式です。内釜に圧力をかけて一気に加熱します。高火力で素早く炊飯するため、お米の甘みやうまみを引き出しやすいのが特徴です。

また、圧力によりお米の芯まで水分がしっかり浸透し、冷めてもモチモチした食感が残ります。お弁当やおにぎりをおいしく食べたい方にぴったりでしょう。

・マイコン方式

マイコンは、本体底部のヒーターで釜を直接加熱する方式です。熱が加わるのは釜の下だけなので、炊いたときのムラが発生しやすいデメリットがあります。リーズナブルなため、コストを抑えたい一人暮らしの方や、単身赴任で使用期間が短い方に向いているでしょう。

・ガス方式

ガス方式は、LPガスや都市ガスを使って炊き上げます。電気式と比べて火力が強く、炊き上がりも非常に良いのが特徴です。ただし、台所にガス栓の設備がない場合は設置できません。

3.機能

炊飯器には、保温機能・メニュー機能・調理機能といった機能が付加されているものがあります。

保温機能が優れていると、長時間保温してもご飯の変色や匂いの発生を軽減できるので、たくさん炊いて保温したいときに便利です。

メニュー機能とは、米の種類に合わせて最適なおいしさに炊き上げる機能のこと。玄米や雑穀米をよく食べる健康志向の方には気になる機能でしょう。

蒸す・煮るなどの調理に対応できるモデルや、パンやケーキなどが作れるモデルなど、炊飯以外の機能を備えた機種もあります。炊飯器を最大限に活用することで、食生活を豊かにしたい方に魅力ですね。

4.デザイン

炊飯器はキッチンに出したまま使用する家電のため、生活感が出てしまいがち。細部にまでこだわったキッチンだからこそ、デザイン性の高いものを選びたいですよね。キッチンの家電を同じ色で統一してすっきりさせたり、カラフルな色を選んで気持ちを明るくするのもいいでしょう。目指したいキッチンのテイストと相性の良さそうな炊飯器を選ぶのもいいですね。

ナチュラルテイストのキッチンと相性の良い炊飯器

![](attachments/317)
まずは、シンプルなデザインが特徴の炊飯器を3種類ご紹介します。

・象印マホービン「STAN.」IH 炊飯ジャー NW-SA10

https://www.zojirushi.co.jp/syohin/stan/product/ricecooker.html#stan_container

![](attachments/318)

クリエイティブユニットのTENTと大手家電メーカー象印がコラボレーションした、STAN.シリーズの炊飯器です。2019年度にグッドデザイン賞を受賞しています。

カラーはブラックとホワイトの2色です。ホワイトはナチュラルでやわらかい印象で、ブラックならスタイリッシュな印象になります。

容量:5.5合
炊飯方式:IH
保温機能:◯(うるつや保温・高め保温)
調理機能:白米急速 / 離乳食 / 発芽玄米 / おこわ など

これらのシンプルな炊飯器は、ナチュラルテイストのキッチンと相性が良さそうです。木材や自然素材を使い、優しい色合いで落ち着いた雰囲気のキッチンに取り入れる家電は、インテリアの邪魔をしないオフホワイトを選ぶと統一感があります。

スタイリッシュなキッチンに合いそうな炊飯器

![](attachments/319)

余計な飾り付けのない、シャープなデザインが特徴の炊飯器を2種類ご紹介します。

・バルミューダ「BALMUDA The Gohan K03A」

https://www.balmuda.com/jp/gohan/

![](attachments/320)

洗練されたデザインが特徴の「バルミューダ」は、蒸気でふっくらおいしくパンが焼けるトースターが有名なメーカーです。その技術を応用し、蒸気の力でふっくらと炊き上げたごはんは、冷めてもおいしいまま。数々の受賞歴があるデザイン性の高い炊飯器です。

容量:3合
炊飯方式:IH
保温機能:ー
調理機能:早炊き / 玄米 / おかゆ など

・バーミキュラ 「ライスポット RP23A-SV」

https://www.vermicular.jp/

![](attachments/321)

鋳物ホーロー鍋とIHのポットヒーターがセットになった炊飯器。無水調理や低温調理もできるのが魅力です。炊飯器としてだけでなく、調理器具として料理の幅を広げてくれます。2017年度のグッドデザイン賞を受賞しているデザインは、シンプルでありながら近未来的です。

容量:5合
炊飯方式:IH
保温機能:ー
調理機能:低温調理 / 無水調理 / 玄米 / おかゆ など

このようなスタイリッシュな印象が強い炊飯器は、都会的な印象のモダンテイストなキッチンに合いそうです。

カフェ気分を満喫!ヴィンテージテイストのキッチンに合いそうな炊飯器

![](attachments/322)

かわいらしいデザインの炊飯器を使いたいなら、こんな炊飯器はいかが?

・ラドンナ 「Toffyミニライスクッカー K-RC1-PA」

https://ladonna-co.net/products/category/kitchen/appliances/rice-cooker/

![](attachments/323)

甘い色合いのレトロなデザインが魅力で、カラーはペールアクアとアッシュホワイトの2色。ブルックリン風のキッチンにおすすめです。1~2人分のお米を炊くのにちょうどいいミニサイズ。シンプルな操作性が特徴で、0.5合のお米を約20分で炊くことができます。

容量:0.5~1.5合
炊飯方式:マイコン
保温機能:〇(最大4時間)
調理機能:ー

今回紹介した炊飯器を表にまとめたので、炊飯器選びの参考にしてくださいね。
【商品別比較表】

メーカー 象印 バルミューダ バーミキュラ ラドンナ
商品名 STAN. IH炊飯ジャーNW-SA10 BALMUDA The Gohan K03A-BK IHジャー炊飯器 SR-KT060-W Toffyミニライスクッカー K-RC1-PA
容量 5.5合 3合 3合 0.5~1.5合
炊飯方式 マイコン IH IH マイコン
保温機能 ◯(うるつや保温・高め保温) ◯ (4時間)
調理機能 早炊き / 離乳食 / 発芽玄米 / おこわ など 早炊き / 玄米 / おかゆ など 炊込みごはん / おこわ / おかゆ / 玄米

気になる炊飯器は見つかりましたか? 毎日使う炊飯器だからこそ、インテリアに馴染んだデザインを選んで、キッチンのチャームポイントにしましょう。