![目次]()

目に入るだけでしあわせな気持ちにしてくれる、好きな素材やデザインの空間。リノベーションの醍醐味は、等身大の暮らしに合わせて、自分好みにカスタマイズできることです。

でも「いざリノベーションをしよう!」と思っても、何から始めればいいか分からない…。そんな方のために、この記事ではリノベーションの具体的なプロセスやスケジュールをお伝えします。中古物件をリノベーションする場合と、今の住まいをリノベーションする場合はプロセスに違いがあるのでご注意を。流れをしっかり理解して、家づくりを進めていきましょう。

リノベーション開始から完了までにかかる期間は?

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/52/600x400/931aa8d50cfad7c3bba0dd3d7ff15674.jpg)
リノベーションにかかる期間は、およそ半年ほど。しかし、「じっくり物件を選びたい」や、「こだわりを持って設計したい」など施主の思いや状況に応じて期間は異なります。

リノベを施す範囲や、リノベ会社によっても変動するため、これはあくまでも”目安”の期間。各社進め方が異なるため、リノベーションの相談会で事前に確認できるといいかもしれません。ここからは、具体的なプロセスやスケジュールを紹介していきます。

中古物件を購入してリノベーションする場合

中古物件を購入してリノベーションをする場合、プロセスはこのようになります。
![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/67/3000x1500s/4827437ce9de0e45f109fa3ef7b78a3c.jpg)
中古物件を新たに購入する場合、「設計」と「住宅ローン申請」を並行して行っていく場面があります。理想のおうちを設計する傍ら、複雑なローン申請を一つひとつこなしていく必要も。各プロセスの具体的な内容をひとつずつ説明していきます。

1.事前準備

一生に数回しかない家づくり。せっかくリノベーションするからには、自分好みの空間にしたり、暮らしに合った動線を叶えたいもの。そんな理想の住まいを叶えるためには、事前にイメージづくりと情報収集を行うことをおすすめします。

「開放感あるアイランド型のキッチンがいい」や「家族とコミュニケーションが取れる間取りにしたい」など、どんな住まいを目指すのかをリノベーションの実例を見てふくらませていきます。また、各不動産・リノベーション会社のHPを見たり、資料請求をしたりして自分に合った業者選びも忘れずに。会社の比較基準としては、各業者の得意な領域や、デザインのテイスト、価格などがあります。ここでイメージづくりがしっかりできていると、スムーズに会社選びを行えます。

これらと並行して、ざっくりと予算を考えておけると◎。物件購入とリノベーションそれぞれの資金計画を立てていきます。

2.個別相談会・ヒアリング

ここでは、どういったリノベーションを行いたいか、リノベーション会社と相談します。個別相談会を各社実施しているので、得意とするデザインや、具体的なプロセスなどを確認できると安心。業者が決定したら、次は物件探しに入ります。

3.物件探し

中古物件のリノベーションは、憧れのエリアや街にある物件でも、手が届く価格で購入できる可能性も。物件探しの条件は、地域・価格・広さなど人それぞれですが、リノベーションをする場合、もう一つ確認すべき重要事項があります。それは「この物件を自分の理想の住まいにできるかどうか?」です。例えば、壁をなくして広い部屋にしたいと思っていても、構造の理由上できない中古物件もあります。

物件の内見は可能な限り業者の人に立ち会ってもらい、自分のしたいリノベーションが実際にできるかを判断してもらいましょう。気に入った物件を見つけたら申し込みを行い、物件の仮押さえも。中古物件との出合いは、一期一会。素早く決断することも大切です。

4.物件購入とローンの準備

物件の申し込みができたら、物件契約と同時並行でローンの準備を開始します。物件購入とローン契約のプロセスは少し複雑で、以下のようなプロセスで進んで行きます。
![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/68/3000x1500s/f232762c09aaa6e0cdbcb21c987dd827.jpg)
事前審査から融資開始までは、目安としておよそ1ヶ月以上の期間が必要となりますが、詳細は各金融機関に問い合わせるのが安心です。それではひとつずつ説明していきます。

・事前審査
まず、ローンを借りるための第一歩として行うのが事前審査です。必要な日数は金融機関によりますが、約3日~1週間ほど。この事前審査は物件の契約より前に行う必要があるため、提出書類の用意などをスピーディーにこなす必要があります。

・物件契約
事前審査に通ったら、物件の売買契約を行います。契約が済んだら、いよいよリノベーションの打ち合わせも開始。打ち合わせについては事項に詳細を紹介します。

・本審査
事前審査に通り物件の契約をしたら、次は本審査の申し込み。本審査では事前審査より厳格な審査が行われます。本審査のは金融機関にもよりますが、1週間から10日ほどかかるのが一般的。

・ローン契約、融資開始
本審査に通るとローンの契約ができるようになります。契約ができたら、あとは融資が開始されるのを待つのみです。

5.打ち合わせ

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/51/600x400/c11318025eea1f416ec14da4a8c70f2a.jpg)
中古物件の契約が終了したら、同時並行でいよいよリノベーションの打ち合わせがスタート。理想の間取りや、デザインをあれこれ考えるのもたのしいひとときですよね。

打ち合わせの頻度は会社によって異なりますが、一度ではなく複数回に分けて進めていきます。かかる期間は人それぞれですが、およそ2~3ヶ月ほど。

まず、リノベーションで叶えたい箇所や、優先度についてすり合わせをします。次に、すり合わせた内容を元に間取りの提案。そして、間取りが決まったら、着工に向けて詳しい細やかな設備等の打ち合わせを行っていきます。キッチンなど水回りの設備、照明、壁紙や床材などを決めるのがこのプロセス。目指したい住まいに向けてこの段階でしっかりイメージを具体化していきます。

6.契約・施工開始

打ち合わせで決定した仕様をもとに最終的な見積もりをもらい、確認後正式に工事請負契約を結びます。工事の期間は規模やリノベーションの範囲が大きくなるほど長くなります。

7.引き渡し

こだわりがつまったおうちもいよいよ完成。
工事が終わったら、プラン通りに工事が完成しているかどうか、設計者・施工会社と一緒に確認をします。プランと異なる箇所があれば、手直しを依頼できます。また、新たに導入した設備の使い方を確認するのも忘れずに。無事確認が終わったら、めでたく引越し・入居です。

現在の住まいをリノベーションする場合

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/55/600x400/da29805a8047e2bf2be729a5d64d4fe5.jpg)
現在の住まいをリノベーションする場合、中古物件を購入してリノベーションする
場合とそこまで大きな変化はありません。異なる点は物件購入のプロセスが無くなることです。具体的な流れはこのようになります。
![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/69/3000x1500s/cab69740e4dc4bdecbd82ef0314c70da.jpg)
ヒアリング後の現地調査では、設計者が実際に家に訪れ、物件の構造や、排水管、給水管の位置などを確認し、リノベーションで変更可能な箇所を確認します。現地調査の結果によっては、壊せる壁や、水回りの可動域に制限が出てしまうため、物件に合ったリノベーションのプランを考える必要も。「どんな部屋にしようかな」と、物件の構造に合わせてイメージをふくらませることが大切です。

また、キッチンリノベーションの内容によっては、引越しが必要になる場合も。ホテル、ウィークリーマンション、賃貸物件などの仮住まいを検討する必要があります。期間と予算に合った仮住まいの検討を。依頼するリノベーション会社に相談してみるのもおすすめです。

リノベーションは時間も手間もかかりますが、その分住まいへの愛着もより高まるもの。
しっかりと備えることで、スムーズに進められます。自分のライフスタイルや、優先順位をイメージしながら、理想の家づくりへの一歩を踏み出してみましょう。