2021年2月上旬より、コンエアージャパン合同会社は同社の展開するキッチン家電ブランド「Cuisinart(クイジナート)」の新製品電動ナイフCEK-30Jを販売しています。

クイジナートは、フードプロセッサーの代名詞として広く世界にその名を知られるブランド。その名前には料理を芸術の域まで高めたいという願いが込められ、1973年にアメリカで誕生して以来、世界中のキッチンで支持されてきました。

クイジナートが展開するのは、フードプロセッサーに限りません。ブレンダーやフードプロセッサー、電気圧力鍋にオーブントースターなど、様々なキッチンツールを販売し、日本でも30年以上愛用されてきました。

同ブランドから新たに発売された電動ナイフCEK-30Jは、切りたい食材にブレードをあててボタンを押すと、重なった2枚のブレードが前後に動き、食材をカットします。映像をみてもらうと、どれだけスムーズに食材がカットできるかがわかるかと思います。

![youtube](https://www.youtube.com/watch?v=Sn_3QXuy7ic)

電動ナイフCEK-30Jのブレードはワンタッチで取り外し可能となっており、取り外した状態で洗うことができるので手入れしやすい仕様になっています。使用していないときは、ブレードを入れておくカバー付き。

料理を楽しむためには時に切りにくい素材をカットすることも必要。電動ナイフはそういう場面での手間を減らしてくれるかもしれませんね。

商品のページはこちら:
![ogp](https://www.cuisinart.jp/products/CEK-30J.html)