![目次]()

毎日使うキッチンは、機能や使いやすさはもちろん大切ですが、その空間にいてワクワクするような場所でありたいものです。自分らしさを出したり、これまでと雰囲気をがらりと変えてみたりしたいなら、キッチンの壁をタイルにしてみるのはいかがでしょうか。今回は、キッチンタイルのメリット・デメリット、そしてどんな物を実際に選べばいいのかまで詳しく解説していきます。

検討前に知っておきたい、キッチンタイルのメリット

![](attachments/286)
キッチンの壁には、キッチンタイルとキッチンパネルの大きく分けて2つの選択肢があります。どちらにするかは、お手入れのしやすさやデザインの好み、価格などを判断軸に、両方を比較しながら検討するのがおすすめです。

キッチンパネルと比較したときのキッチンタイルのメリットは、以下の2つが挙げられます。

メリット1.デザインが豊富

形や色、サイズまで様々な種類があるのがタイルの一番の特徴です。デザイン次第でモダンにもレトロにも空間の雰囲気を変えられるのはタイルならでは。自分で自由に組み合わせることもでき、力を入れただけ愛着もぐっと湧くこと間違いなしです。

メリット2.耐水・耐火・耐久性に優れている

磁器質やガラス製でできたタイルは火や水に強く、キッチンの壁でも長持ちするのが嬉しいポイントです。タイル自体についた汚れはさっと拭くことで、すぐに落とすこともできます。

キッチンタイルのデメリット

一方で、キッチンタイルには、しっかりと把握しておくべきデメリットもいくつかあります。

デメリット1.溝があり、こまめに掃除する必要がある

タイルとタイルの間には、目地と呼ばれる溝がどうしてもできてしまいます。この目地にはモルタルというセメント状の素材が使われており、これは吸水性が高く、油汚れも落としにくいのが特徴です。こまめに掃除をしないと、この目地に汚れがたまってしまい、見た目がどんどん悪くなってしまうことも。

デメリット2.導入にコストがかかる

キッチンパネルに比べ、手間のかかるタイルはどうしても施工費が高くなってしまいます。また、既存のキッチンからタイルをはがしてから貼り直すと、下地の状態によってはさらに価格が上がることもあります。

こういったデメリットがどうしても気になるという人は、キッチンパネルを検討してみましょう。タイルに比べて掃除が楽でお手入れがしやすく、価格も抑えられるのがキッチンパネルの特徴です。

キッチンタイルの導入費用

![](attachments/287)

どこにどれくらいのお金がかかるのかを把握しておくことは、予算内で自分の理想を実現するために大切なステップのひとつ。キッチンタイルはそのデザインの自由さから、自分好みの空間にしやすいですが、少しだけ価格は高くなってしまいます。

タイルの種類や、どんなデザインにするかにもよりますが、相場は1㎡あたりおよそ15000~30000円になります。もちろん、凝ったデザイン・特殊なタイルにすればするほど価格は上がります。

まずは自分の希望を業者さんに伝えて、見積もりを出してもらうのがおすすめです。

キッチンタイルの選び方

![](attachments/288)

理想の雰囲気をイメージしながらパーツを選ぶ時間は、大変だけど一番楽しいリノベーションの醍醐味ですよね。キッチンタイルは比較的自由度が高い分、気合いを入れて選びたいもののひとつになるはずです。

そんなキッチンタイルを決めるときには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

タイルの種類を選ぶとき

タイルにはいくつかタイプがありますが、キッチンに貼るタイルは「内装タイル」を選ぶようにしましょう。内装タイルにも様々な素材のものがありますが、掃除やお手入れのことを考えるとガラス製・磁器質のものをチョイスするのが特におすすめです。

タイルのデザインを選ぶとき

タイルを貼るからには、デザインをこだわりぬきたいのが本音ですよね。でも1から考えるのが難しいという時には、実際の施工例を見てみるのはいかがでしょうか。いくつか見ているうちに、心躍るデザインにも出合えるはずです。

また、デザイン面でもメンテナンスのしやすさを見る事が大事です。タイルの貼り方によっては目地が多くなるものもあるので、その場合手入れが大変になってしまいます。どうしてもそのようなタイル・デザインを採用したいのなら、水や油で汚れにくい場所に貼るという選択肢もありますよ。

おすすめのキッチンタイルメーカー5選

キッチンタイルがいいなと思ったら、早速リサーチを始めていきましょう。
今回は人気のタイルメーカー・取り扱い企業5社を紹介します。ホームページには詳細や施工例が載っているので、イメージを膨らませながら自分にぴったりの1社を見つけましょう。

平田タイル

![](attachments/292)
創業から約100年以上たつ老舗のタイルメーカーです。ヨーロッパのトレンドを取り入れた上品なタイルから、伝統を感じるユニークなタイルまで数多くの種類を取り揃えています。質感とデザイン性に優れたタイルは、洗練された空間作りを実現します。ホームページでは色や使用箇所に応じ細かい条件に合わせて簡単にタイルを探せるので、是非一度チェックを。

名古屋モザイク工業

![](attachments/293)
東海はうつわやタイルの一大産地。国内生産のモザイクタイルや輸入タイルを数多く取り扱っているのが名古屋モザイク工業です。イタリアなど最新技術で製造された、デザイン性の高い多彩なセラミックタイルを取りそろえているので、お気に入りのデザインに出合えること間違いなしです。

LIXIL

![](attachments/290)
様々な建材を取り扱い、大手だからこその信頼感のあるメーカーです。タイルの取り扱い数も多く、豊富な種類の中から選ぶことができます。全国にショールームがあるので、デザインや費用の相談が気軽にできるのもおすすめのポイントです。

Maristo マリスト

![](attachments/291)
タイルブランドMaristo(マリスト)が扱うアイテムは、国内外の厳選されたマテリアルと最先端のトレンドをおさえたデザインが特徴的です。まるでヨーロッパにいるかのような、上品な空間が好みの人は要チェック。施工例を見てイメージを膨らませましょう。

toolbox

![](attachments/289)
toolboxはリノベやDIYする方に好まれる建材を扱っている会社。タイルの種類も豊富で、スタンダードでシンプルなデザインが多い印象です。どこかレトロな素材感でリノベーション物件に馴染みやすく、深みのある空間に仕上がります。

自分好みの、オリジナリティあるキッチンにするために、キッチンタイルは一度検討しておきたいところ。デザインを考える事を楽しみながら、仕上がりのイメージや、素材を実際に自分の目で確かめることが大成功させるためのコツですよ。