![目次]()

おうちで過ごす時間が増えたことで、自炊の機会も増えましたよね。せっかく自炊をするなら、たのしく料理をしたいもの。

でも、調理回数が増えると、気になるのがキッチンの使い勝手。動線や収納への不満があるものの、解決を先延ばしにしていませんか?キッチンで過ごす時間が増している今こそ、見直しの良いタイミングかもしれません。

使い始めた時とは違った悩みやストレスを感じているなら、“キッチンリノベーション”がおすすめ。リノベーションと聞くと家全体を大掛かりに改修するイメージがあるかもしれません。しかしキッチンだけのリノベーションであれば、工事自体は数日で終わることも。

ちょっとしたオプションの変更や収納スペースの見直しで、使い勝手は向上します。この記事では、キッチンリノベーションを始める前に把握したいポイントや費用の内訳をご紹介。自分のキッチンに合う方向性を探ってみてくださいね。

キッチンリノベーションはみんなに必要?最適なタイミングと工事工程

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/60/600x400/6c24245ff82e6493130504a9850ec538.jpg)

キッチンの寿命は約15年。買って10年経ったら徐々にリノベを念頭に

システム
キッチンは、一般的に15~20年程度が“寿命”です。キッチンの見た目だけでなく、配管などの劣化についても考える必要があります。

収納や動線など目に見える不満に加え、消耗箇所の観点からも、買って10年を目安にキッチンリノベーションを検討し始めると良いでしょう。

「きっかけはオーブンの故障だったけれど、不満に思っていた収納面も合わせて見直したい」「個室のキッチンが思ったよりも閉鎖的なので、オープンなキッチンにしたい」「冷蔵庫の位置や扉の向きが不便」など、キッチンリノベの理由はさまざま。

一軒家や分譲マンションは、ほとんどの人にとって最初で最後のお買いもの。100%納得のいくおうちを完成させることは至難の業です。暮らしてみて初めて気づく改善ポイントがあるはず。

また人生100年時代であることを考えても、ライフステージや家族構成の変化によって「ベストなキッチン」も数年ごとに変化します。

設備的な寿命である15年前後をひとつの目安に、今の暮らしに合わなくなったら見直しを始めるのが吉です!

物件ごとに異なる、できること・できないこと

今の不満点を解消するにあたって、レイアウトの大幅な変更や別の階への移動など、キッチン位置の変更を希望する方も多いと思います。しかし特にマンション(集合住宅)の場合、キッチンの移動には注意が必要です。

キッチン位置の移動には、“上もの”であるキッチン本体よりも、建物の構造が大きく関係してきます。問題となるのが排水管。筆者も中古マンションをリノベーションしましたが、床下の排水管スペースが狭く、キッチンの水栓位置を元の間取りと同じ場所にする必要がありました。

また、マンションの場合は物件独自の管理規約が存在します。購入時には知らなかった規約がある可能性を想定し、リノベーションを決定する前に、管理会社にヒアリングしてみることをおすすめします。

キッチンが使えなくなる期間はどれくらい?

引越し先でなく、今のおうちのキッチンをリノベーションする場合、キッチンを使えない日数も気になりますよね。本体だけなのか、キッチン周辺や家全体まで含めた規模なのかにもよりますが、数日間キッチンが使えなくなるものと心得ましょう。

位置移動を伴わない、標準的なキッチン取替工事の場合、工程は以下のとおりです。

1日目

まずは古いキッチンを解体し、水道・電気工事を実施。主な作業内容は、養生、キッチン撤去、給排水管工事、キッチン取り付け下地工事、屋外フード外し、電気工事。これらの過程を経て、キッチンの取り付け準備が整います。

2日目

次にキッチン本体から、レンジフード、IHクッキングヒーターまで、商品を搬入し取り付けます。翌日にさらにキッチン周りのクロス貼り及び、壁のタイル貼りのため、養生をして準備完了。

3日目

最後に、仕上げを実施します。天井や壁のクロス貼りをし、天井や壁のクロス、壁のタイル貼りをし、取り扱い説明を受けます。簡単なキッチンリノベーションであれば3日目から使えるようになります。

上記はあくまでミニマムなケース。キッチンの位置を移動する場合は、より日数がかかります。移動先の受け入れ体制を作ったり、元の場所の修復・改修作業も必要になるからです。

位置移動をするリノベの場合は、予定よりも時間がかかってしまったというケースも聞きます。解体してみないとわからないこともあるため、かかる日数の目処を聞いた上で、余裕を持ったスケジュールを決めましょう。

キッチンリノベーションで発生する費用項目を知ろう

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/61/600x400/72cf09ec438229ea2d1ac8ae50072502.jpg)
キッチンリノベーション全体でかかる費用は、大きく分けると2つ。キッチンの本体と、工事費用です。解体が必要な場合は解体費用も含みます。

キッチン本体価格はメーカーやグレード、また既存の製品を購入するのかオーダーメイドでつくるのか、または造作するのかによってかなり幅が出てきます。メーカーやグレードごとの種類や費用は各メーカーのサイトを参考にしてみて下さい。

ここでは、工事費用の詳細項目についてご紹介。業者によって費用に差があるので、実際の費用は依頼する業者に見積を依頼して下さいね。

工事費用 金額
キッチン取り付け費 10万円
キッチン本体取り付け費 10万円
今のキッチンの解体費 3万円
解体したキッチンの撤去処分費 4万円
電気の配線工事費 3万円
食洗機用の専用電源配線工事 2万円
水道の配管工事費 4万円
食洗機の配管工事費 2万円
ガスの配管工事費 3万円
ダクトの交換工事費 7,000円
壁と天井のクロスの貼り替え費 3万5,000円
床クッションフロア貼り替え費 2万5,000円
壁タイル貼り費 8万円

https://renovefudosan.com/andreno/show/4292?cl=reno

この他、工事中に壁や床を傷つけないようにする養生費用や、工事終了後のクリーニング費、工事中に仮設トイレを設置するケースであれば仮設トイレの設置等に関わる費用などがかかります。また、壁をクロスでなく漆喰にしたりタイルを貼る場合は、専門の職人が作業をする工賃が発生するなど、発生する費用は多岐に渡ります。想定していなかった費用を後で請求されないためにも、ご自身がやろうとしているリノベに付随する工事の内容は詳細まで事前確認することをおすすめします。

全体費用の相場ってどれくらい?

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/62/600x400/36f2aa95cfb4b451f0e9728b7efc9654.jpg)
工事の項目や費用を把握した次に気になってくるのが、実際に自分たちはどれくらいの金額をかけるべきなのか。相場を把握して、計画を立てる参考にしてみましょう。

キッチンリノベーションをする場合、最も多い価格帯は「151〜300万円」、ついで多いのが「301〜500万円」と「〜150万」です。

費用はどのような内容のリノベを実施するかで大きく変動します。レイアウトを変更しない場合であれば150万円程度、レイアウトを変更する場合であれば200万〜300万。別フロアへの移動では、連動して給排水管や配線等の移動・延長が必要になり、250万〜350万程度が目安です。いずれもキッチン本体価格を含む金額。

見積を取るほどではないけれど、より具体的な費用を知りたいときには、リノベ会社やキッチンメーカーのHPが便利です。費用付きの施工事例が掲載されていることも多いので、自分たちのリノベ条件に近い事例を探して費用の参考にしてみて下さいね。

せっかくならアップデートを検討したいオプション

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/63/600x400/588ccd54a131e0911ec0b70608610cd4.jpg)
キッチンリノベーションを決意したら、まずはキッチン本体をどのメーカーの、どのタイプ、どのグレードにするかを決めましょう。

次のステップで、本体への追加・変更オプションを選びます。選べるオプションについてはメーカーやグレードによって異なりますが、カウンターの素材やシンクの素材、水栓などのパーツをひとつひとつカスタマイズできます。

15年に一度のキッチンリノベーション。せっかくなら本体だけでなく、オプションにもこだわって、より自分の悩みを解決してくれるキッチンにしたいですね。
以下は、選べるオプションの一例です。イメージをふくらませてみて下さいね。

・シンクの素材、色
・カウンター(天板)の素材、色
・水栓金具、浄水器
・加熱機器(ガスコンロかIHクッキングヒーターか)
・レンジフード
・収納棚の扉の色柄、取っ手デザイン
・収納タイプ(引き出しの組み合わせなど)
・食洗機、オーブン

理想のキッチンがうまくイメージできないときは、リノベーション関連の雑誌やHP、インスタグラムやPinterestを活用してたくさん事例を集めましょう。「海外のキッチンのようにかまち扉をつけたい」や「白基調のすっきりとしたキッチンにしたい」など、自分の理想のイメージを明確にすることが、リノベーション成功への第一歩です。

キッチンリノベーションでできることや、費用の相場は掴めたでしょうか。この記事で紹介したタイミングや費用も参考に、具体的な計画を進めてみてくださいね。