![目次]()

今回は食洗機の種類と、選び方を紹介します。

食洗機の種類について

食洗機は、大きく分けて2種類に分けられます。キッチンのカウンター上などに設置する「据え置き(卓上)タイプ」と、キッチン下のキャビネットに収まる「ビルトインタイプ」です。それぞれの特徴は以下の通りです。

ビルトインタイプ 据え置き(卓上)タイプ
サイズ 40-60L(4~6人用)(幅45cm・幅60cmが主流) 1人暮らし用からファミリー用などさまざま
ドアの開き方 スライド式・前開き式 前開き式・上開き式
本体価格 約10~20万円(国内メーカー)約20~40万円(海外メーカー) 約3~7万円
設置(工事)にかかる費用 約3~5万円 約5,000円~1万円

ビルトインタイプの食洗機

ビルトインタイプは、キッチンカウンター下のキャビネット、またはシンク下に取り付ける食洗機です。
主なサイズは幅が45cmと60cmの2種類で、一般的に据え置きタイプより容量が大きいのが特徴です。ドアの開け方は引き出しのように開けられるスライド式と、扉が前に倒れる前開き式があります。日本では国産メーカーの製品のほとんどで採用されている45cm幅のスライド式が設置されていることが多いですが、一度にたくさんの食器を洗いたい家庭では60cm幅の海外メーカー製品が人気です

ビルトインタイプは閉めておくと露出せず、すっきりした印象になるため、キッチンを好みの空間に仕上げやすくなります。また、据え置きタイプよりも静音性に優れているものが多く、遅い時間に利用したい方にもおすすめです。

デメリットとしては、据え置きタイプよりも費用が高いことが挙げられます。本体価格に加えて設置工事が必要になるため、国産メーカーであれば約10~20万円ほど、海外メーカーであれば約20~40万円を相場として考えておきましょう。

ビルトインタイプの食洗機のメリット

・キッチン周りがすっきりとした印象になる
・据え置きタイプよりも静音性が高い

ビルトインタイプの食洗機のデメリット

・設置工事が必要になるため、費用が高い

据え置きタイプの食洗機

据え置きタイプの食洗機は、キッチンカウンターやシンクの上に置いて使います。食洗機と水栓をつなげるために、分岐水栓を設置する工事が必要になりますが、その工事費用を含めてもビルトインタイプよりも安いことが特徴です。サイズも2人用から6人用まで幅広く、原状回復が容易なため賃貸物件に住んでいる方でも導入しやすいという利点があります。

このタイプの食洗機を設置する際には、キッチン上に食洗機用のスペースを確保できるか確認する必要があります。置くスペースだけでなく、スムーズにドアの開閉ができるかまで確認しておきましょう。ドアの開き方は「前開き式」と「上開き式」がありますが、できるだけ狭いスペースに設置したい方は、前開き式がおすすめです。

また、洗浄時にキッチンの天板に振動が伝わりやすく、音が気になってしまうこともあるので、据え置きタイプの場合は、静音性もチェックしておくと安心です。

据え置きタイプの食洗機のメリット

・費用が安い
・サイズ展開が幅広い
・賃貸物件でも導入しやすい

据え置きタイプの食洗機のデメリット

・キッチン上に設置スペースを確保する必要がある
・ビルトインタイプに比べると静音性が低い

食洗機の種類の選び方

![](attachments/203)
ビルトインと据え置き、それぞれの特徴を踏まえた上で実際に食洗機を選ぶときは、自分の生活スタイルを想像することがポイントです。ここでは、食洗機を選ぶときに押さえておきたいことを紹介します。

サイズ・容量には余裕を持たせる

食洗機にはさまざまなサイズがありますが、想定してるより少し余裕のあるサイズがおすすめです。

サイズが小さいものを選んでしまうと、食洗機を動かす頻度が高くなってしまったり、食器は入るものの調理器具が入らない場合があります。大型の調理器具をよく使う方は、食器と一緒に洗える容量があるかを、チェックしておきましょう。

また、容量を少し大きいものにすれば、2食分、人数によっては1日分をまとめて洗えることも。1食分以上の食器を入れられれば、忙しい日でも洗う手間が省け、時間短縮になります。

静音性が高いものを選ぶ

食洗機の静音性も確認しておきたいポイントです。
近年は静音性の高い製品が多いため、騒音を感じづらい食洗機が増えていますが、動作中は無音というわけにはいきません。特に以下の場合はより静音性が優れた機種を選ぶとよいでしょう。

・隣家の音が聞こえやすい集合住宅に住んでいる方
・食洗機を他の部屋と隣接した壁側に設置したい方
・食洗機を夜中に使いたい方

設置場所によって音の響きやすさが変わる場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

生活スタイルに合った機能を搭載した機種を選ぶ

食洗機には標準的な洗浄・乾燥機能のほか、汚れの程度に合わせて洗浄力を自動調整できるものや、除菌・消臭など付加機能が付いているものがあります。また、近年では節水・節電ができるエコモードも多くの機種に搭載されています。カタログやショールームで確認して、自分が欲しい機能が付いた機種を選びましょう。