![目次]()

日々の生活に欠かすことのできない、料理の時間。「コンロの配置がこうだったらいいのに」や「もっと掃除が楽だったらいいのに」など、使う場面が多いからこそ、コンロに対するリクエストもたくさん出てきますよね。

今回はそんなキッチンの主役・コンロについて、種類から費用の目安までご紹介します。家族の人数や生活スタイル、値段をはじめとして、選び方はさまざま。毎日のお料理がもっとわくわくするような、暮らしになじむコンロを見つけてくださいね。

キッチンに合わせて選ぶ、2つのコンロ形式

![](attachments/187)
理想のコンロ探しに踏み出しても、種類が多くて目の付け所が分からない……という人もいるのではないでしょうか。ひとくちにコンロといっても、その種類は大きく2つあるんです。

1つめは、コンロ台の上に設置する「据え置きタイプ」です。ガスの場合、元栓とガスをガスホースでつないで使います。コンロの数が2口、横幅60cmのものが標準ですが、コンパクトな56cmのサイズもあるので、自分の家に合わせて購入してくださいね。比較的安価であるである一方、キッチンとコンロの隙間の掃除が大変というデメリットがあります。

![](attachments/192)
2つめは、システムキッチンに埋め込む「ビルトインタイプ」のコンロです。据え置き型より高価格ではあるものの、調理台と繋がるので、すっきりとした見た目になります。現在据え置きタイプのコンロがあるキッチンでも、リノベーションでビルトインタイプに取りかえることが可能です。

まずは、取り付けたいコンロの種類はどちらなのか、それによってどのような工事が必要なのか、業者の方に相談してみましょう。

ガスコンロとIHコンロの特徴を比較。メリットやデメリットもご紹介

「据え置きタイプ」か「ビルトインタイプ」の設置方法に加えて、「ガスコンロ」と「IHコンロ」の2種類にも分けられます。ここからはガスコンロとIHコンロについて徹底的に解説!最近よく聞くIHコンロ、実際どうなんだろう? と感じている方は要チェックです。

ガスコンロ

![](attachments/188)
まず「ガスコンロ」は、文字通りガスで火を付け加熱するタイプのコンロです。昔から使っている家庭も多く、操作方法が直感的で分かりやすいのが特徴。最近では火災防止の機能が備わっているものが増え、安全性が向上しているんです。

ガスコンロの形には、「汁受け皿」があるものとないものがあります。汁受け皿があると吹きこぼれをキャッチしてくれますが、掃除のときに手間となってしまいます。

一方、汁受け皿がないガスコンロは吹きこぼれが溢れてしまいますが、フラットなつくりであるため掃除がとても簡単! 見た目がすっきりとしているので、ガスコンロでもデザインの美しさを重視したい方には「汁受け皿なし」がおすすめです。

さらにガスコンロの天板は主にホーロー・アルミ・ガラス製の3種類があり、選択の幅があるのも嬉しいポイント。例えば見た目や手入れの手軽さを大切にしたい人は、天板が強化ガラスのものを選ぶといいでしょう。

IHコンロ

![](attachments/189)
一方の「IHコンロ」は、埋め込まれた電磁線が鍋全体を加熱していく仕組みのコンロです。最大の特徴は火が出ないこと。火災やガス漏れが防げる点で安全性が高くなっています。フラットな天板で掃除がしやすく、最近人気のタイプです。

特に、自宅の熱を電気のみでまかなうオール電化にしたい人は外せません。現在ガスコンロを使っていても、IHコンロに取り替えることは可能なのでご安心を。

ガスコンロか、IHコンロかを決めるには、自分の理想と、それぞれのメリットとデメリットを比較するのがおすすめです。「これは譲れない!」や「ここは妥協できる」といったポイントが見つかれば、どちらが自分に合っているかが分かるはず。下の表を参考に、何を優先したいか考えてみましょう。

ガスコンロ IHコンロ
メリット ・停電しても使える ・調理器具を選ばない ・「炙り」ができる ・導入費用が低い ・炎が出ず安心して使える ・お掃除が楽 ・キッチンに熱がこもりづらい ・見た目がすっきりする
デメリット ・火災やガス漏れの危険性がある ・ガスを契約しなければならない ・キッチンに熱がこもりやすい ・掃除がめんどう ・調理器具が限られる ・導入費用が高め「炙り」ができない ・天板で火傷する可能性がある

ガスコンロとIHコンロ、それぞれの費用相場は?

「こんなキッチンにしたい!」という理想と、現実的にリノベーションにかかる費用は、いちばんジレンマを感じやすいところ。事前のリサーチで、実際にどれくらい費用がかかるのかをおおまかに把握しておけると安心ですよね。
![](attachments/190)
ガスコンロの場合、そのスペックで3段階に分けられます。交換費用は、スタンダードが10万円前後、ミドルクラスが15万円前後、ハイグレードは20~30万円といったところ。天板の種類によっても価格が変わってきます。人気の強化ガラスは比較的費用が高く、昔ながらのホーロー製だと費用を抑えられることが多いです。
![](attachments/191)
IHコンロの費用相場は一般的にガスコンロより高く、およそ20~40万ほどになります。こちらもグレードによって費用が変動するので、費用を抑えたい方は自分に必要な機能を見極めることをおすすめします。

ガスコンロにするなら選びたい!おすすめのメーカー3社

ガスコンロにしてみようかなと思っている方に向けて、ここからはガスコンロメーカー3社の特徴を比較します。ピンとくるデザインや機能を見つけて、自分だけのキッチンづくりに活かしてみてくださいね。

1.リンナイ

![](attachments/193)
リンナイ製のガスコンロは、ドイツ製のガラスの天板が使用されたスタイリッシュなデザインが特徴。天板のカラーバリエーションも豊富です。スマートフォンとの連携して調理ができる最先端の機能も搭載しています。スマートフォンとキッチンが繋がれば、生活がいっそう便利になりそうです。

DELICIA:https://rinnai.jp/delicia/

2.パロマ

![](attachments/199)
パロマは創業110年を迎える老舗ガス機器メーカーで、日本のみならず、世界中のキッチンを支えてきました。使い手の視点に立った製品開発を行っていて、お手入れの簡単さと使いやすさを追求したデザインが特徴です。

グリル調理容器「ラ・クック」シリーズは累計49万個(※2020年9月末現在)以上を出荷する人気商品。ふた付きなので油の飛び散りがなく、肉や魚を料理した後でも片付けが楽々です。

CREA:
https://www.paloma.co.jp//product/kitchen/builtin_conro/crea/
WITHNA:https://www.paloma.co.jp/cgi-bin/productDetail.cgi?rno=250

3.ノーリツ(ハーマン)

![](attachments/194)
時代の一歩先を行く、最先端の機能とサービスを強みとするのがノーリツ(ハーマン)です。今回紹介するのは数あるラインナップの中でも、スマートフォンとの連動機能や、液晶パネルが備わった次世代のガスコンロです。高級感のある洗練されたデザインが、キッチンを華やかにしてくれること間違いなし!
スマートコンロ:https://www.noritz.co.jp/product/kitchen01/builtin/smart_conro.html
プログレプラス:https://www.noritz.co.jp/product/kitchen01/builtin/progreplus.html

IHにするなら選びたい!おすすめのメーカー4社

リノベーションで大人気のIHコンロから、国内外でおすすめのメーカー4社を紹介します。こだわりのキッチンにしたいからこそ、細部のデザインや機能をしっかり見ておきたいですね。

1.Panasonic

![](attachments/195)
IHヒーターの販売30周年を迎えるパナソニック。そんなパナソニックのIHには光火力センサーが搭載されており、鍋フリもできます。ラインアップには、自動調理やグリルの掃除のしやすさが特長のグリル搭載IH、また同時に4つの鍋を横並びで調理することが可能なマルチワイドIHも。グリルでは、冷凍保存した鶏肉や魚を解凍の手間なしに焼き上げることもできます。忙しい夕食の準備を一気に進められるのが嬉しいですね。

IH Yシリーズ:https://sumai.panasonic.jp/ihcook/lineup/product.php?id=y_series
マルチワイドIH:https://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Multi

2.三菱電機

![](attachments/196)
三菱電機は、ニーズに合わせて様々なシリーズ・ラインナップのIHを揃えています。例えば「レンジグリルIHシリーズ」では、世界初※「電子レンジ」機能搭載によって毎日便利に使える時短・省手間調理を提案。毎日忙しく家事をこなす共働き世帯の生活スタイルに合った活用ができそうです。しかもお手入れが面倒なグリル部庫内も360°丸ごと拭けるかんたんお手入れ構造だから嬉しいですね。※2020年12月現在
家庭用BI型IHクッキングヒーター
RE-220SR:https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ihcooking/product/pt-316h/index.html
CS-T34BFR:https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ih
cooking/product/cs-t34bfr/index.html

3.日立

![](attachments/197)
火加減とグリルの機能で選ぶなら、日立のIHがおすすめです。3.2 kwと強い火力のIHのラインナップを揃えており、調理やお湯を沸かすための時間を短縮できるのが最大の特徴。また、焼く・煮る・蒸す・温めるの全ての火加減を自動で調節し、素材のおいしさを最大限引き出してくれる「ラク旨うまグリル&オーブン」も強みです。

IHには珍しい、アルミや銅鍋が使える「オールメタル対応IH」もラインナップにあります。使い慣れた鍋を使って料理できるのが嬉しいポイントです。

M350T:https://kadenfan.hitachi.co.jp/ih/lineup/ht-m/?ht350t
M300T:https://kadenfan.hitachi.co.jp/ih/lineup/ht-m/?ht300t

4.Miele(ミーレ)

![](attachments/198)
Mieleは、創業以来こだわり続けた品質の高さとエレガントなデザインが特徴の、ドイツの家電メーカー。一貫性がありながらバリエーション豊富なデザインは、どんなキッチンにもなじみ、眺めているだけでも幸せな空間作りに繋がりそうです。少し生活感を抑えたキッチンにしたい方におすすめ。

Mieleは目黒・表参道・神戸に直営店が、全国に取り扱い店があるので、チェックしてみてくださいね。

KM6115:https://store.miele.co.jp/INTERSHOP/web/WFS/Miele-JP-Site/jaJP/-/JPY/ViewProduct-Start?SKU=07734680&CategoryName=53&CatalogID=StandardCatalog
KM6311LPT:https://store.miele.co.jp/INTERSHOP/web/WFS/Miele-JP-Site/ja
JP/-/JPY/ViewProduct-Start?SKU=07734700&CategoryName=53&CatalogID=StandardCatalo

理想のキッチンに近づけるために、コンロは力を入れて考えていきたいところですよね。自分の料理のスタイルや暮らしにあったコンロなら、毎日の料理がもっと充実すること間違いなし。リノベ後の暮らしの想像をふくらませて、探してみてくださいね