ワークトップ(天板)の選び方

ワークトップはキッチンの作業台となる天板のことです。
素材によって特徴が異なり、耐久性、メンテナンス性、デザイン性の中から、重視するものによって選ぶことができます。
また、価格の違いは、素材やデザイン、強度の違いから生じます。

素材ごとにメリットやデメリットがありますが、それぞれの特徴を理解した上でご自身に合ったものを選びましょう。
なお、メーカーやキッチンシリーズのグレードによって、選べる素材が異なることにも注意が必要です。

ワークトップによってキッチン全体の印象も変わります。
素材や色、グレードをいくつか絞り、実際の色味や質感をショールームなどで確かめた上で選択するようにしましょう。

耐久性について

![](attachments/1094)
キッチンは刃物や熱、水を使用する、素材にとっては過酷な環境です。
そのため、ワークトップの傷のつきやすさや耐熱性、耐水性、耐汚性を確認するようにしましょう。

鍋や缶などを落とした時に割れたり傷がつかないか、汚れは落としやすいか、加熱した調理器具を置いた時の熱に耐えられるかなど、実際に起こりそうな場面を想定してみましょう。

メンテナンス性について

![](attachments/1095)
メンテナンス性は日々の掃除のしやすさ、傷や汚れがついたときに落ちやすいかなどが当てはまります。
素材ごとにお手入れの仕方や傷や汚れへの対応が変わります。

デザイン性について

![](attachments/1093)
素材によって、選べる色の種類や施されている加工も違うので、キッチンの印象が大きく変わります。
近年はオープンキッチンを設置する人が増えており、またワークトップは面積が広く視界にもよく入るので、お部屋のインテリアと合い、キッチンに立つときの気持ちを高めてくれるものを選びましょう。

ワークトップ(天板)の素材ごとの特徴

ワークトップの素材の種類は主に「ステンレス」「人工大理石(人造大理石)」「セラミック」の3つが一般的に使用されています。

ステンレス

![](attachments/1097)
ステンレスの特徴は、耐水性・耐熱性・耐久性に優れていながら、価格も比較的安いことです。

飲食店の厨房などでもステンレスキッチンが採用されているように、長時間使用できる丈夫さや、調味料などをこぼしてしまった時にシミになりにくい特徴を持った素材です。汚れやカビ、ニオイにも強く、キッチンを清潔に保てます。

デザイン性としては、無機質でシャープな雰囲気も、自然素材の扉などと組み合わせることで空間のアクセントにもなります。

一方で、素材の特性上、細かい傷や水アカがつきやすいことが欠点として挙げられます。
こうした欠点を補うために、あらかじめ表面に細かな凹凸をつける「エンボス加工」や「バイブレーション加工」を施している製品が一般的です。

また、飲食店の厨房のような凹凸がないステンレスは「ヘアライン加工」と呼ばれます。一般的な「エンボス加工」に比べて価格が高い傾向にあり、傷がつきやすいなどのデメリットはありますが、インテリアとの馴染みがよく根強い人気があります。

一口にステンレスと言っても、キッチンのグレードが「ミドルグレード」や「ハイグレード」になると、様々なステンレスの仕様が選択可能です。

素材 シリーズ グレード 価格帯
エンボス加工 例:シエラS スタンダード おすすめプラン価格:434,800円
ヘアライン加工 例:ステディア ミドルグレード おすすめプラン価格:766,400円
バイブレーション加工 例:L-CLASS ハイグレード おすすめプラン価格:1,501,600円

ステンレスはその趣きが好みの方や、機能とコストのバランスを重視する方に適した素材です。
ステンレスのワークトップにこだわりたい方には、クリナップのキッチンがおすすめです。ステンレスの加工技術に強みがあるメーカーだけあり、他メーカーよりもステンレスワークトップの種類が豊富です。

![ogp](https://cookpad-kitchen.com/kitchens/cleanup)

人工大理石(人造大理石)

![](attachments/1098)
人工大理石(人造大理石)とは、アクリル系もしくはポリエステル系の樹脂を原材料とした、大理石のような仕上がりの人工素材です。
アクリル系の方が、ポリエステル系に比べて耐熱性や変色をしにくいことからキッチンでは主にアクリル系の人工大理石が採用されています。

人工大理石や人造大理石には、明確な規格が存在していません。そのため、メーカーによって人工大理石と人造大理石の定義が異なることに注意が必要です。

特徴として耐水性、耐久性に優れていて、お手入れが簡単なことが挙げられます。他の素材と比べて色や質感などデザインのバリエーションが多く、インテリアやキッチン全体の雰囲気に合わせてデザインを選べます。

欠点として、油やしょう油などをこぼして長時間放置すると跡が残る場合があります。耐熱性もステンレスほど高くないので、熱い鍋を直接置くのを避けるなど注意が必要です。
また、紫外線の影響を受けやすく、白やベージュなどの薄い色のワークトップの場合、年数が経つと黄ばんでくる場合もあります。人工大理石のグレードも、色や厚みといったデザインや品質によって生じます。

色やデザインを、インテリアに合わせて選びたい方におすすめの素材です。

セラミック

![](attachments/1099)
セラミックは、陶器のような高級感のある質感と高い耐久性・耐熱性を兼ね備えた素材です。

セラミックの特徴は、金属で擦っても傷がつきにくいほど硬度が高く、耐久性や耐熱性に優れており、高温の鍋やフライパンを直接置いても変色や変質の心配がないことです。汚れや化学品に高い抵抗性があるので、汚れが染み込みにくく簡単に拭き取れます。色も豊富でデザイン性が高く、高級感のあるキッチンになります。

一方で、扱っているメーカーが少なく、他の素材に比べて価格が高いことが欠点として挙げられます。

セラミックの持つ陶器のような質感やスタイリッシュさ、機能性を重視する方におすすめです。

各キッチンメーカーの特徴的なワークトップ

各メーカーは、上述したようなステンレスや人工大理石のワークトップをオプションとして用意しているのが一般的です。
それ以外の、各メーカーごとの特色のあるワークトップについてご紹介します。

クリナップ

美コートワークトップ

![](attachments/1100)
クリナップの強みであるステンレスに、特殊セラミックコーティングを施した傷と汚れに強いワークトップです。親水性の高さにより汚れを浮かし、硬質なコーティングは細かい傷からもガードしてくれます。

たのしいキッチンの取り扱いシリーズでは、STEDIAで選択可能です。

セラミックワークトップ

![](attachments/1102)
スペイン・コセンティーノ社製の高品質素材「DEKTON」を採用。
上述したように陶器のような味わい深さと、高い耐久性・耐熱性を併せ持っています。

たのしいキッチンの取り扱いシリーズでは、STEDIAで選択可能です。

コーリアンワークトップ

![](attachments/1103)
「コーリアン」とは、アメリカ・デュポン社のブランド人工大理石、その登録商標です。
大きな括りで言えば人工大理石のワークトップですが、高級感のある天然石のような模様に特徴があります。

たのしいキッチンの取り扱いシリーズでは、STEDIAとrakueraで選択可能です。

![ogp](https://cookpad-kitchen.com/kitchens/cleanup/stedia)
![ogp](https://cookpad-kitchen.com/kitchens/cleanup/rakuera)

トクラス

人工大理石カウンター(クラストン)

![](attachments/1104)
トクラスは、国内で初めて人工大理石カウンターのシステムキッチンを発売したメーカーです。

品質にこだわりを持って自社配合・成形を行っており、ワークトップの素材も人工大理石のみとなっています。一般的な人工大理石の弱点である、熱や汚れのしみやすさにも耐性があります。傷がついてしまった場合にも、軽く表面を研磨することで回復できます。

たのしいキッチンの取り扱いシリーズでは、BerryとBbで選択可能です。

![ogp](https://cookpad-kitchen.com/kitchens/toclas/berry)
![ogp](https://cookpad-kitchen.com/kitchens/toclas/bb)

TOTO

クリスタルカウンター

![](attachments/1105)
クリスタルカウンターは、トートー独自の薄く透明感のあるワークトップです。人工大理石と同等の耐熱性を持ちながらも透明度のある、エポキシ樹脂素材が光を透過して明るいキッチン空間を演出してくれます。

たのしいキッチンの取り扱いシリーズでは、THE CRASSOで選択可能です。

![ogp](https://cookpad-kitchen.com/kitchens/toto/the_crasso)

パナソニック

グラリオカウンター

![](attachments/1106)
パナソニックの強みである「スゴピカ素材」を採用したグラリオカウンターは、有機ガラス系のアクリル系樹脂で表面硬度が高く、傷がつきにくいのが特徴です。
凹凸のある表面加工によってレザー調のシックな雰囲気を持ちます。はっ水やはつ油成分も配合されているのでお手入れも簡単です。

たのしいキッチンの取り扱いシリーズでは、L-CLASSで選択可能です。

![ogp](https://cookpad-kitchen.com/kitchens/panasonic/lclass)

リクシル

セラミックトップ

![](attachments/1107)
リクシルでは焼き物ならではの繊細で味わい深い表情の5色からセラミックワークトップを選択できるのが特徴です。
熱や傷、汚れに優れた耐久性を発揮するセラミックは、リクシルの「リシェルSI」を購入するユーザーの約半数に採用される人気商品となっています。

たのしいキッチンの取り扱いシリーズでは、リシェルSIで選択可能です。

![ogp](https://cookpad-kitchen.com/kitchens/lixil/richelle)