キッチンの高さ

高さの基準

キッチンの高さは、一般的に以下の計算式によって決めることができます。

「 身長 ÷ 2 + 2.5〜5cm 」

また、その他の目安としては、肘よりも10-15cmほど低い位置にキッチンのワークトップがあると、作業がしやすいと考えられています。
日本の各メーカーが取り扱うシステムキッチンは、80、85、90cmと5cm刻みで高さが設定されている場合が多く、標準的なキッチンの高さは85cmとなっています。これは、キッチンに立つ機会が以前は女性の方が圧倒的に多かったので、一般的な女性の身長(160cm)に合わせた高さになっているからです。

高さの決め方

キッチンの高さが身体に合っていないと、腰痛などの身体的な不調、シンクで作業する際に服に水がかかって濡れる、力が入れづらく食材が切りにくいといった問題が生じます。

キッチンの高さが合わない時の対処方として、高い場合には底が厚めのスリッパを履く、フロアマットを敷く、反対に低い場合は厚みのあるまな板や調理器具の取っ手が上に上がっている物を使用するといった工夫もできます。

しかし、長期的には自分に合った高さのキッチンへリフォームすることを検討していくべきかもしれません。
キッチンの高さを決める時は、キッチンに多く立つ人は誰か、キッチンに立った時の身長や肘の位置はどのくらいの高さか、他にキッチンを使う家族や人が高さが合わない時に対応できるかを考えてみましょう。

実際の使い勝手を確認するために、キッチンメーカーのショールームへ行ってみるのもおすすめです。

キッチンの通路幅

キッチンの通路幅は、キッチンと、カップボードや壁との間の通路距離のことで、一般的に70〜120cmと言われています。
数字に幅がありますが、最適な通路幅は家庭ごとに異なるので、キッチンを使う人の家事動線に合わせて通路幅を決めましょう。

通路幅が狭すぎると、収納の開け閉めをする際に脇に立つ必要があったり、中のものが取り出しづらい場合があります。また、通路でのすれ違いが難しい場合や、一緒に作業する時にお互いの動きが邪魔になることも。

逆に通路幅が広すぎると、作業動線が長くなり無駄な動きが増えてしまいます。例えば、キッチンの後ろにある収納棚から物を取り出すときなどに、振り向いただけでは取れないと少しの動きが手間となり、作業効率も悪くなりがちです。

キッチンの通路幅ごとに、どういう使い方に向いているのかの目安をまとめました。
通路幅や動線を決める参考にしてみてください。

通路幅の目安:70cm

70cmは、人がすれ違うのに最低限必要となる幅です。1人で作業する場合にも、冷蔵庫やカップボードの扉を開けたままでは通りづらさを感じやすいです。
また、キッチンとカップボードが向かい合う形で配置していると、それぞれの収納を同時に開くのが難しくなります。
ダイニングなど他のスペースを広くし、キッチン周りをあえてコンパクトにしたい方に向いているサイズです。

通路幅の目安:80~90cm

80cm〜90cmは、1人暮らしの方やキッチンを1人で使うことが多い方に最適なサイズです。収納が後ろにある場合にもちょうど手が届くので、作業効率もあがります。
70cmよりはゆとりがありますが、作業しているときに人が行き来すると狭さを感じやすいです。
キッチンのカウンター下の食洗機や引き出しが大きく開くタイプの場合、開けたときに脇に立つ必要があるかもしれません。

通路幅の目安:100~120cm

キッチンを複数人で利用することが多い場合や家族で暮らしている方は、100〜120cmほどあると使いやすいです。
通路幅が120cmの場合、大人同士がすれ違っても狭さを感じることはほぼありません。ただし、通路幅を120cm確保しようとすると、キッチンスペースを広く作る必要があるので、リビングやダイニングといった、部屋全体の間取りの調整も視野に入れておきましょう。
また、通路幅が広いので動作が増えてしまうこともあります。

キッチンの通路幅を決めるポイント

キッチンの通路幅を決める際は、キッチンを使う人や設置するもの、部屋全体の間取りを考えながら決定しましょう。

ポイント1:キッチンを使う人数

誰がどんな目的でキッチンを使うかによって最適な通路幅が変わります。また、その人の体型や立った時、しゃがんだ時の体の幅によっても使いやすさに違いがあります。
親子や夫婦など複数人でキッチンに立つことが多い場合は、100〜120cmほどの通路幅にしたり、人が後ろを通ることはあるが一人で作業することが多い場合は、90cm前後にしましょう。
1人でキッチンを使うことが多い場合は、80cmほど確保できれば困ることなく作業を行えますが、冷蔵庫や収納を開閉する場合に通路を圧迫してしまうかもしれません。

ポイント2:冷蔵庫とカップボードの奥行き

冷蔵庫とカップボードの奥行きは必ずチェックしましょう。奥行きを考慮せずに通路幅を決めたことで通路が狭くなってしまうことや、扉を開けた時のスペースが確保できない場合があります。
一般的には、冷蔵庫の奥行きが70cm前後、カップボードなど収納棚の奥行きが45〜65cm前後とされています。ビルトイン食洗機やフロアユニットなど、キッチンの収納もそれぞれ開けた時に通路が狭くなりすぎないかも確認しましょう。

ポイント3:リビング・ダイニングの広さや間取りも考慮する

キッチンの通路幅を広くしたい場合に、リビングやダイニングといったキッチン以外の間取りに影響する可能性があります。どこにスペースを確保したいか優先度をつけて通路幅を決めましょう。