![目次]()

リノベーションについて調べていると、しばしば目にするキーワードが「施主支給(せしゅしきゅう)」。

お金の面から保証の話まで、施主支給を選ぶときのポイントをおさえて、上手に自分らしいこだわりを取り入れましょう。

施主支給とは

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/135/3000x1500s/ded2b1854a43d8e5dcdbd02a1d650d0c.jpg)

施主支給とは、住宅設備や家具を施主が購入し、施工業者に対して提供すること。通常であれば設備・建材の発注業務は施工会社が行いますが、自身で購入することで中間マージンなどの費用を抑えられることがあります。施主支給を上手に使えればコストを抑えられたり、もっと自分好みのリノベーションを実現できたりする場合もあります。

施主支給のメリット

施主支給の主なメリットは、安い住宅設備や家具を探して取り入れたり、DIYによって工賃を節約したりできること。自分好みの家具を、手頃な価格で取り入れることができます。

ただ、施工会社が責任を負わない施主支給は施工を断られる場合もあります。まずは施工会社に相談しましょう。

施主支給のデメリット・注意点

施主支給のデメリットとして、製品以外にも費用がかさむ可能性を考慮しておく必要があります。施工費や工期が延びた際の追加料金、持ち込み料、管理料などがかかる場合があります。

施主支給の設備は、施工会社の保証対象外となる可能性も頭に入れておきましょう。トラブルが発生した場合、誰がどのように対処するのか、施工会社との契約の際にきちんと文書で取り決めておくと安心です。

1.役割分担

施主が施工業者の業務を一部代わりに行う施主支給では、業者との間で品物の手配や配送、取り付けなどを、誰がいつ、どこまで担当するのか明確にしておきましょう。

2.責任と保証の範囲

施主支給した住宅設備に不具合があった場合、どの程度の費用で施工スケジュールをどれくらい延長できるのか、施工会社が手配した商品と同様にメンテナンスの保証をしてもらえるのか、事前に確認しておきましょう。

せっかく選んだ住宅設備や家具が使えない事態にならないように、施工業者と事前に詳細な打ち合わせをしておきましょう。

施主支給のキーワードは「責任」と「保証」です。施主と施工業者で密に連携を取って責任と保証の範囲を明確にし、こだわりを取り入れた家づくりを楽しみましょう。