![目次]()

ガスコンロの特徴

ガスコンロは、ガスで火を付け、加熱するタイプのコンロです。

メリットは、IHクッキングヒーターに比べて本体価格が全体的に安いことが挙げられます。また、停電時にも火を使用できることや、高火力での炒め物、炙りなどに適しているなど調理の幅が広いことも特徴です。IHクッキングヒーターでは、フライパンや鍋など使える調理器具の素材に制限がある場合がありますが、ガスコンロではそういったことはありません。

デメリットとしては、IHクッキングヒーターに比べて凹凸が多く手入れや掃除に手間がかかることや、火災・ガス漏れなどの危険性が挙げられます。また、放熱することから使用時には室内の温度が上昇しやすく、夏場は特に暑さ対策が必要となる可能性があります。

IHクッキングヒーターの特徴

IHクッキングヒーターは、埋め込まれた電磁線が鍋全体を加熱していく仕組みのコンロです。最大の特徴は火が出ないことです。

メリットとして、火が出ないことから安全性が高く、安定した火力調整が行えます。また、凹凸のない板状の造りなので掃除やお手入れが簡単に行えます。

デメリットは、全体的に価格が高いことが挙げられます。使用できる調理器具に制限があることや、使用後は天板の温度が高くなり、直接触れると火傷の危険性がありますが、火と比べて見た目から熱さが分かりにくいことも注意が必要な点です。

ガスコンロ・IHクッキングヒーターの選び方

ガスコンロとIHクッキングヒーターを選ぶ上では、それぞれの特徴を捉えてからご自身の調理やライフスタイルに当てはめて検討することが重要です。

例えば、土鍋やガラス製の調理器具を持っていて、今後もそれらを使って料理がしたいと考えている場合にはガスコンロを、掃除や手入れに時間を掛けたくないと考える場合には比較的手間のかからないIHクッキングヒーターを選びましょう。

このほかにも、設置費用やガス代と電気代の比較、オール電化であればIHクッキングヒーターというように住宅の状況、家族やキッチンに立つ人の観点からガスコンロとIHクッキングヒーターどちらを選ぶかが変わります。

リフォームの場合には、既存のコンロから種類を変更するのか考慮する必要があります。変更する場合にはそれぞれ対応するための追加工事と費用が発生するのが一般的です。

ガスコンロかIHクッキングヒーターのどちらかを選択した後は製品を決めます。メーカーや製品ごとに機能面やデザインに特徴があり、価格も異なります。搭載されている機能や、使いやすいデザインであるかを確認して、ご自身に合う製品を選びましょう。

代表的なガスコンロメーカー

国内の代表的なガスコンロメーカーは「リンナイ」と「ハーマン」の2社です。

コンロ自体の性能の違い以上に、デザインやグリルの機能面で違いがあります。
ただし、各社の特徴的な機能はハイグレードなモデルのみに実装されていることが一般的です。高いグレードのコンロを希望しない場合、メーカーにはそれほどこだわらなくてもいいかもしれません。

リンナイ

![](attachments/1079)
リンナイ製のガスコンロ「DELICIA(デリシア)」

リンナイは、コンロ部分のお手入れのしやすさや自動温度調節、調理の幅を広げてくれるプレートや専用鍋などの追加オプションが特徴です。「イージークリーン」はバーナーまわりの熱を分散・放熱することで焦げ付きを防ぎます。グリルではリンナイのオリジナルプレートである「ココットプレート」を使用することで汚れをほとんどカット、気軽にグリル調理を楽しめます。

ハーマン

![](attachments/1082)
ハーマン製のガスコンロ「piatto(ピアット)」

様々な業界初を生み出しており、高い開発力を持つのがハーマンの特徴です。「フラットフェイスデザイン」を採用しており、凹凸が少ないスッキリしたデザインでお手入れも楽に行なえます。また、温度センサー付き下火バーナーで幅広い調理が行える「マルチグリル」は、グリルまかせの「オートメニュー」や「調理モード」とオプション品であるプレートやキャセロール(専用鍋)を組み合わせることで多彩な料理が楽しめます。

代表的なIHクッキングヒーターメーカー

国内の代表的なIHクッキングヒーターメーカーは「日立グローバルライフソリューションズ」と「パナソニック」の2社です。
ガスコンロと同様で、デザインやグリルの機能に違いがあります。また、3口コンロのうち1つがラジエントヒーター(電熱器)の製品もあり、IHクッキングヒーターで使用できない土鍋やホーロー鍋、耐熱ガラスの調理機器を使用できます。火力の弱さや熱まる・冷めるのに時間がかかるという欠点もあります。
ガスコンロと同様に、各社の特徴的な機能はハイグレードなモデルのみに実装されていることが一般的です。メーカーを問わず、オールメタル+IH、フルIH、2口IH+ラジエントヒーターの順にグレードと価格が高い傾向にあります。

日立グローバルライフソリューションズ

![](attachments/1083)
日立グルーバルライフソリューションズ製のIHクッキングヒーター「M200Tシリーズ」

日立グローバルライフソリューションズ(以下、日立)は火加減とグリルの機能が特徴です。IHの特徴は「光・温度センサー」による適温調理、メニューを選んで温度を設定すれば鍋の温度を自動でキープしてくれます。また、焼く・煮る・蒸す・温めるの全ての火加減を自動で調節し、素材のおいしさを最大限引き出してくれる「ラク旨グリル&オーブン」も同社の強みです。

パナソニック

![](attachments/1084)
Panasonic製のIHクッキングヒーター「Aシリーズ」

パナソニックは、お手入れの簡単さと登録されているメニューに対するアシスト機能や自動調理が特徴です。IHの特徴は「焼き物アシスト」機能、多彩な30メニューの料理を音声と表示でアシストしてくれます。また、平面ヒーターで内部がお手入れしやすく専用鍋やグリル皿で料理の幅が広がる「ラクッキングリル」、凍ったままの食材をそのまま焼き上げる「凍ったままIHグリル」とグリルにも強みがあります。

最後に

ガスコンロ、IHクッキングヒーターはともにハイグレードになると多機能になり、お手入れがしやすいトップ素材になり、価格も上がります。
逆に多くの機能を求めず、ホーローなどの一般的なトップ素材で構わないならば数万円で購入することができます。火力はハイグレードでも一般的なものでも大きな差はありません。

また、ハイグレードなコンロはハイグレードなキッチンシリーズでしか選択できない、ということはありません。サイズ規格が同一ならば基本的にどんなグレードのコンロでも導入できます。
スタンダードグレードのキッチンシリーズに高性能なコンロを導入して全体の価格を調整することも可能です。

たのしいキッチンでは、様々なシリーズや設備のプランを保存して、実際の購入価格で比較検討ができます。ご予算と相談しながら理想のキッチンを探してみてください。