キッチンの空きスペースにあわせて収納棚を設置する上で、手軽に組み立てられて移動もできたら、便利ですよね。とはいえ、本格的な棚を買ってしまうと、重くて移動がしづらいなど、不便に感じることが多いもの。

そこでおすすめなのが、メタルラックです。シンプルなデザインで、かつ耐久性にも優れているので、重い物の収納にも最適です。

今回は、メタルラックの選び方やメリット・デメリット、おすすめの商品などをご紹介します。

![目次]()

メタルラックをキッチンに置くのが最適な理由

メタルラックは金属製のため、頑丈で重い物に対応しています。保存用のペットボトルを保管したり、電子レンジや炊飯器など重い家電を置いたりするなど、キッチン収納に最適です。

また、棚の高さを自由に細かく変えられるため、収納する物の大きさに合わせて柔軟にスペースを活用できるのも嬉しいポイントです。

メタルラックをキッチンに置くメリット・デメリット

![](attachments/924)

メリット

メタルラックは、ポールに棚板を固定すれば使えるため、簡単に一人で組み立てられます。引っ越しや置き場所を変える際などにもコンパクトに分解が可能。さらに、キャスター付きのものを選べば自由に動かせるため、キッチン用のワゴンとしても活用できます。

キッチン周りでメタルラックを使う上で気になるのは、水に濡れた時のことですが、サビ防止に対応しているものが多く、長くきれいに保てます。さらに、拭き取りなども簡単なため、水はねや液体などの汚れなども落としやすいです。

デメリット

メタルラックは、ポールの足で全体を支えているため、安定性に関してはやや不十分な面があります。特に、地震などの災害時には転倒のリスクが高まります。メーカーによっては、オプションでメタルラック全体を支えるバーも販売されており、メタルラックの下部に設置すれば補強につながります。他にも、突っ張り棒タイプのものを選んだり、できるだけ重いものを棚の一番下に置くなど、設置を安定させるための工夫が必要です。     

メタルラックを選ぶ5つのポイント

購入してから後悔しないために、メタルラックを選ぶ5つのポイントをご紹介します。

1.耐荷重を把握する

商品のサイズや仕様によって、耐えられる重さは異なります。特に、炊飯器や電子レンジなど重い家電を置く場合は、あらかじめ重さを確認するなど注意しましょう。

耐えられる重さを超えてしまうと、歪んだり、倒れやすくなったりします。メタルラックを検討する際は、あらかじめ何を収納するかを決めた上で、その重さに対応できるか把握すると良いでしょう。

2.サイズ展開を確認する

キッチンの隙間に設置できる小さなサイズから床に置ける大きなサイズまで、メタルラックのバリエーションは豊富にあります。キッチンに設置する場所の高さ・横幅・奥行きを図った上で、サイズを確認しましょう。

また、サイズの異なるメタルラックを複数キッチンに置きたい場合は、サイズ展開のあるシリーズかどうか確認しておくと、バラバラに購入しなくて済みます。

3.キッチンの雰囲気にあったデザインか確認する

シルバーのデザインを見かけることが多いメタルラックですが、メーカーによっては、白黒やマットな色合いなど、カラー展開も行われています。さらに、木目柄の天板やS字フック、小物入れ用のミニラックなど、カスタマイズ用パーツなども。キッチンの雰囲気にあったメタルラックを選ぶのであれば、ぜひいろいろな種類をチェックしてみると良いでしょう。

4.2種類の設置タイプから選ぶ

メタルラックの設置には2種類あります。目的に応じて、どちらの設置タイプが良いか考えて選びましょう。

「設置タイプ」は、組み立てて置くタイプで、分解しやすいのも特徴です。ただし安定性にやや欠けるため、転倒のリスクを下げるためには対策が必要です。設置のしやすさを優先したい方に向いています。

「突っ張り棒タイプ」は、天井とラックの間を突っ張り棒で支えるタイプで、安定感があるのが特徴です。地震などの災害対策も万全ですが、分解するには少々手間がかかります。置き場所を固定して、安定して設置させたい方に向いています。

5.キャスターの有無を調べる

キャスター付きのものと、そうでないものがあります。メタルラックに物を置いた状態で動かしながら使用するのであれば、キャスターつきのものを選びましょう。簡単に動かせるようになるだけでなく、掃除も楽にできます。また、本体にはキャスターがついていなくても、オプションで購入できるものもあるので、別売りのキャスターがあるかも確認しておくと良いでしょう。

キッチンに置きたい4つのメタルラックアイテム

メタルラックは、キッチンの空きスペースを有効活用するものから、大容量タイプまで幅広く取り扱いがあります。ここでは、キッチンに置くのにぴったりな4つのアイテムをご紹介します。

おしゃれなキッチンに馴染みやすい「カラーメタルラック」

![](attachments/925)
アイリスオーヤマが展開する「カラーメタルラック」は、ごみ箱の上など空間を活用しやすいデザインです。カラーは、キッチンに馴染みやすい白・黒・茶で、木目柄の天板付き。オプションで、サイドハンガーとキャスターをつければ、移動もラクにできます。

商品名: カラーメタルラック ペール上ラック ロータイプ CMM-PRL7590
サイズ:幅85cm/高さ90cm/奥行36cm
カラー:白、黒、茶
値段:6,980円(税込)
公式サイト:https://www.irisplaza.co.jp/index.php?KB=SHOSAI&SID=K517782F

家電から保存食材まで収納力抜群の「メタルシェルフ」

![](attachments/926)
高さ183cmある「メタルシェルフ」は、収納力抜群のメタルラックです。防サビ加工が施されているため、水に濡れても安心。棚板1枚あたり75kgの重さに耐えられるため、家電や保存用のペットボトルなど重いものにも対応しています。さらに、オプションでキャスターや突っ張り棒の設置も。棚板は好みの位置に設置できるため、収納する物に合わせて高さを変更できます。

商品名: メタルシェルフ SE-1218
サイズ:幅120cm/高さ183cm/奥行46cm
値段:1,4080円(税込)
公式サイト:https://www.irisplaza.co.jp/index.php?KB=SHOSAI&SID=K539855

作業スペースの隙間における「突っ張りキッチンラック」

![](attachments/927)
山善が展開している「突っ張りキッチンラック」は、シンクの上などキッチンの隙間に設置できる固定タイプです。カラーは黒・白で、棚板は4枚つき。突っ張り棒を調整すれば、72cm~115cmまで自由に調整できます。ラックの最下段は、使用しない時には折りたため、スペースを有効活用できるのが特徴です。

商品名: 突っ張りキッチンラック
サイズ:幅30cm/高さ72-115cm/奥行115cm
カラー:黒、白
値段:3890円(税込)
公式サイト:https://book.yamazen.co.jp/product/storage/kitchen/TKRO-304.html

安定感抜群で大容量タイプの「突っ張りラック」

![](attachments/928)
ドウシシャが展開しているルミナスシリーズの「突っ張りラック」は、太めの25mm径ポールを使用しています。棚板1枚あたり80kgの重さに耐えられるため、家電を置くのにも最適。床から天井まで突っ張り棒で固定できるため、地震による転倒対策も抜群です。

商品名: [25mm] 幅60 5段 ルミナススリム 突っ張りラック MMH60-5T
サイズ:幅60cm/高さ~280cm/奥行46cm
値段:14,800円(税込)
公式サイト:https://vegasiku.com/fs/vegasiku/4548934188747

キッチンのイメージにあわせてメタルラックを選ぼう!

メタルラックの選び方や、おすすめの商品をご紹介しました。収納したいものに応じてサイズを選ぶことはもちろん、キッチンのイメージに合わせてデザインを選ぶことで、より使い心地の良いキッチンが実現できます。

ぜひいろいろなメタルラック商品を見比べて、お気に入りのアイテムを見つけてみてはいかがでしょうか?