キッチンの雰囲気や使い勝手に大きく左右する「キッチン照明」。機能性だけではなく、部屋に統一感を出すために、照明のデザインにもこだわりたい方も多いはず。

そこで、今回は、キッチン照明を選ぶポイントや照明の種類をご紹介します。
![目次]()

キッチン照明を選ぶポイント!失敗する前にここをチェック

![](attachments/802)

デザインや雰囲気のみで選んでしまうと失敗しやすいキッチン照明。

以下のポイントを意識してみてください。

・設置位置
・サイズ
・光量
・お手入れのしやすさ

まず、照明器具が作業の邪魔にならないように「設置位置」を考えていきましょう。手元で作業することが多いため、照明によって影にならないように設置することが大切です。

次に「サイズや光量」も見ていきましょう。もし部屋のベース照明がある場合、キッチン照明はそこに邪魔にならないサイズを確認する必要があります。その際に、光量などを調整できるのか、明るすぎて作業しにくくないかの「光量」もチェックするとよいでしょう。

また、キッチンは油はねや蒸気で他の部屋よりも照明器具が汚れやすいために、「お手入れのしやすさ」も意識していくといいですね。シェードなどのカバーが付いたものや、汚れがつきにくく、サッと水拭きや水洗いができるものなどお手入れが簡単な照明を選ぶことで家事ストレスが減るかもしれません。

実例で見る!キッチン照明の種類をご紹介

天井をすっきり見せる「シーリングライト」

![](attachments/803)
天井に直付けするタイプの照明である「シーリングライト」は、広範囲まで光が届き、ベースの照明としてよく使われます。

長方形のシーリングライトはキッチン全体を明るく照らせるので、明るい電気の元で作業ができます。スペースをとらない薄型のものや埋め込みタイプのものがおすすめです。フレームバーにLEDスポットライトが付いた多灯タイプなど、さまざまなデザインがあるので、キッチンのタイプにあわせて、選んでいくことができます。

自由にアレンジできる「ダウンライト」

![](attachments/804)
天井に穴を空けて設置する「ダウンライト」は、必要な個数を設置してキッチンの端まで均一に光を届けることができるため、ベースの照明としてよく使用されます。

埋め込んで設置するため、キッチンにすっきりとした印象を与えられます。また、シンプルなデザインのものが多く、リビングダイニングとバランスをとりやすいです。

等間隔でキッチンに設置することで、キッチン全体にしっかりと光を行きわたり作業しやすいキッチンになります。シンプルなデザインのキッチンとのバランスが良く、キッチン全体がすっきりとして見えるでしょう。

空間のアクセントになる「ペンダントライト」

![](attachments/805)

天井から吊り下げるタイプの照明である「ペンダントライト」は、存在感のあるものが多く、デザインによってインテリアの雰囲気に変化をもたらします。数個設置することで、キッチンがぐっと華やかな印象になることでしょう。

おしゃれな雰囲気を出すために低めの位置に設置したいところですが、位置が低すぎると作業の邪魔になったり、まぶしかったりするので、目線より少し上の高さに設置するのがおすすめです。

アイデア次第で多彩な使い方ができる「スポットライト」

![](attachments/806)
狭い範囲に光を照射させるための照明の「スポットライト」は、ベースの照明が暗くとも、手元を照らすことで作業しやすくなります。間接照明のように壁や天井を照らして、雰囲気を出すことも。

スポットライトのみでキッチンを照らす場合は、カウンターなど必要な場所を照らしながら、ベース照明の代わりとなるように天井から壁を照らすライトを設置することがポイントです。

目的に合わせた照明で作業しやすく、雰囲気アップのキッチンを目指そう

デザイン性とキッチンでの作業効率を両立する照明選びで、毎日の暮らしを快適で楽しくすることができます。キッチン照明を選ぶときのポイントをおさえながら、おしゃれなキッチンづくりを楽しんでくださいね。