![目次]()

キッチン収納を選ぶ前に確認しておきたいこと

キッチンの種類

キッチン収納を選ぶ前に、今使っているキッチンの種類を確認しましょう。キッチンは大きく「オープン型(対面式)」と「クローズ型(壁付け式)」の2つに分けられますが、キッチンの種類によっては、後から追加できない収納タイプがあるためです。

キッチンからリビングへの動線や一緒に暮らしている人の顔が見えるといった理由から、近年はオープン型(対面式)キッチンを選ぶ人が多いようですが、収納スペースが壁付け式より少ないことが一般的です。吊戸棚がないオープンキッチンにする場合、収納スペースはシンク下のみとなるからです。

上に吊戸棚をつけることもできますが、少し暗くなってしまったり、狭く感じたりするというデメリットが。オープンキッチンを選ぶ場合は、収納スペースの工夫が必要です。

クローズ型(壁付け式)キッチンの場合は、シンク下の収納に加えて上部にも収納できるため、収納スペースが確保しやすいです。

何を入れるのか

収納の種類や位置によって、入れるものの向き不向きがあります。収納の全体像を考えるために、まずは収納したいものとその使用頻度を書き出してみましょう。例えば食品だったら、風通しが良くて取り出しやすいところ、使用頻度が低い家電なら多少奥まったところでも大丈夫、といった具合です。

どんな扉が合うのか

収納を選ぶ際に合わせて考えたいのが、扉の種類。用途によって、適した扉が違います。例えば観音開き、スライド、引き戸のどれが適しているかは、収納回りのスペースによって変わってきます。中を確認できるガラス戸がいいのかも考えたいところ。使用頻度が高ければ、そもそも扉を付けなくてもいいかもしれません。

収納と扉をセットで考えると、用途に合わせた完成イメージを描きやすくなります。

キッチン収納の種類

フロアキャビネット(キッチンワークトップ下の収納)

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/161/3000x1500s/bef240815464f9d5aef0994bc6b497b7.jpg)

キッチンのワークトップ(天板)下の収納は、高さがあり豊富な収納力が特徴です。調理しながら最もアクセスしやすいため、包丁、鍋、フライパンなどの調理器具や、調味料など、使用頻度が高いものを収納するのに適しています。

ワークトップ下の収納は調理器具などを重ねてしまうと、取り出しにくくなってしまうため、ファイルボックスや仕切りを活用した「立てる収納」がおすすめです。スペースを細かく区切ることで、何がどこにあるのかが見やすく、取り出しやすくなります。

コンロの下は調理器具や調味料、シンクの下は掃除用品など水仕事に関わるものなど、カテゴリ別に定位置を決めておくと、より使いやすいキッチンになります。

カップボード(背面収納)

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/164/3000x1500s/a7fe0ab0ec2bf3e48a11c35dcde403d6.jpg)
カップボード(背面収納)とは、キッチンに立ったとき、背面にある収納を指します。オープンキッチンのデッドスペースをまるまる収納に活用できるのが魅力です。

背面収納でまず注意したい点は、収納本体が大きいのでスペースが足りるかどうか。扉を付けたのに全開にできない、といったトラブルを避けるためにも、事前に通路幅やレイアウトを確認しておきましょう。

また、背面収納には使用頻度の高いものをしまうことが多いため、奥行きがあると中身が取り出しにくくなり、奥がデッドスペースになってしまいます。使用頻度に合わせて、置く場所を考えてみてください。また、可動棚が付いているものもあるため、しまうものに合わせて選びましょう。もし炊飯器や電子レンジなどの家電を収納するなら、手前に引き出せるカウンター部分を付けておくと使いやすさが増します。

ウォールキャビネット(吊戸棚)

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/165/3000x1500s/45fb0a78e4887740566e17bc423ed665.jpg)
吊戸棚とは、壁や天井に直接取り付けられた棚のこと。 流しや調理台の上の空いたスペースに設置して、収納に活用できます。他の収納リフォームに比べて、後付けが容易なのも特徴です。

設置する場合は、取付位置に注意しましょう。低すぎると頭をぶつけるおそれがあり、高すぎると届きません。目線より10cm程度上が使いやすいと言われています。また、吊戸棚を設置すると手元が暗くなる場合は、棚の底部に照明を取り付けて解決しましょう。

壁や天井に設置されるので、耐荷重もあります。メーカーによっても異なりますが、耐荷重は棚板1枚につき12kg〜20kgほどです。入れたいものと重さがマッチしているか、事前に確認しましょう。

床下収納

床下収納とは、家の床下空間につくられた、収納スペースのことです。住宅の床下はデッドスペースになっているケースが多いので、そのスペースをうまく活かして収納場所を増やせます。

床下収納を入れたいと考えた場合、大前提として床下にスペースがあるかを確認しておきましょう。特にマンションは物件によっては床下収納を作れないケースも。施工会社に予め確認すると安心です。

また、床下収納には、開け方の異なる3種類があります。
![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/162/3000x1500s/13fce820b5ae185f0e42cdf774e2e585.jpg)
1つ目は、蓋が外せるタイプのもの。取り出し部分が全て開くので、アイテムの出し入れが容易です。一方で収納スペースが広くなると外す板の枚数が増えるため、使い勝手が悪くなってしまいます。
![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/163/3000x1500s/db1b1e8b90a7a28f0ef5f84f0d91949a.jpg)

2つ目は、扉タイプのもの。収納スペースが広くなっても使いにくくはなりませんが、アイテムを出し入れする際に扉を立てかけておくため、邪魔になることがあります。
![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/166/3000x1500s/90211609064bf542599ad4cce7128403.jpg)

3つ目は、収納スペースがスライドするタイプのもの。1つの扉で複数の収納箇所を確保できますが、中に入れているアイテムが重いとスライドさせにくくなります。

床下収納に向いているのは、長期間保存できて、使用頻度が低く、重すぎないものです。キッチングッズや収納したいものに合わせて選んでみてください。

リノベーションでキッチン収納を増やすときに重要なのは、収納の特徴を把握した上で、求めている用途がマッチしているかどうかを見極めること。種類がたくさんあるので選ぶのが大変そうなイメージがありますが、まずは譲りたくない部分を決めて、ストレスのないキッチンを実現しましょう。

収納する際のポイント

ここでは、キッチン収納でおさえたいポイントを紹介します。扉・観音開きタイプにも引き出しタイプにも共通するので、覚えておきましょう。

使う物と使う場所を近づけて配置する

料理のときに使いたい物は、使う場所に合わせて収納するようにしましょう。

調理の中心となる3つの場所、シンク・コンロ・作業スペースに合わせて大まかな置き場所を決めます。例えば、まな板や包丁はシンク下に、コンロの近くにはフライパンや鍋、油といった調味料を配置するなどが挙げられます。

特によく使うツールは調理中にすぐに手に取れるようにすると、効率良く作業を進められます。余計な物をキッチンに置かない、使わない物は別の場所に片付けるのもおすすめです。

定位置を決める

![](https://img.cpcdn.com/funkitchen-mag-attachment_image-image/88/3000x1500s/f0ddd8fb4e203aab39390e08dc7dfb2f.jpg)
だいたいの配置がイメージできたら、物ごとに定位置を決めます。収納場所を固定すると、何がどれぐらいストックされているのか一目で分かります。ストックしている量そのものを見直すきっかけにもなります。

定位置を決めたら、使った後は必ず元の場所に戻しましょう。使っている収納アイテムにラベリングすることで、他の人が使ったとしても、どこに戻せばいいか分かりやすくなります。

パントリー(食品庫)の見直し

食器や調理器具だけではなく、食品ストックの置き場所に悩む方は少なくありません。そこで、パントリー(食品庫)の見直しも重要です。

調理器具と一緒に収納すると、買い置きしていた食品がどのぐらいあるか、分かりにくくなってしまいます。缶詰やレトルト食品、調味料など、ストックしてある物を一目で把握できるようにしましょう。

そもそもパントリーがない方は、保存食を置ける場所がないか、スペースの確保を検討してみてください。

多くの人が悩むキッチン収納ですが、特徴やポイントをおさえれば使いやすくなり、調理もスムーズにできます。収納術をうまく取り入れながら、キッチンをより快適に、自分らしく使えるように整えましょう。